Sotto il cielo di Milano☆

~ ミラノ の 空 の 下 で ~  伊パパ&私と息子のミラノ生活日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

その後…

息子の反抗期か?情緒の不安定さに悩み、あれから3週間…
このところ、不思議と落ち着いてきた。
彼の中で何が起こったのだろうか…?子供の気持ちってホント不思議。
特別なことはしていないが、強いて言えば、私は息子への言動に注意してきたこと。
それから、初めてパパが学校に迎えに来てくれて、帰り道に息子が集めているCalciatoriのFigurine(サッカー選手のアルバムのカード)を普段は買ってもらえないが、いきなり一箱(50袋入り)を買ってもらったこと。思いのほかのサプライズ!学校の友達に自慢するほど嬉しくて、毎日2袋ずつ開けるのを楽しみにしている。
これがキッカケかどうかは分からないけど、この日あたりから徐々に彼の態度が変わってきた。

私も悩んでいるうちに色んなことを学んだ。
子供に対してとっている態度は必ず自分にも返ってくる。
それから、物は言い方次第。同じことを何度も注意する時は「早く〜を覚えようね」って言われた方が受け入れ易い。
ママも怒りたくなるのは当然だけど、6歳ともなれば悪いということを分かってやっているのだから、それに応じず、優しい言葉が必要だってこと。
叱られなくなり、嬉しいことがあると自然と落ち着いてくる。

幼い子が言うことを聞かず、とにかく叱っているママを見ると、まるで自分を見ているよう。でも、今の私は「大丈夫〜そのうち自然と成長するから〜」と声をかけてあげたくなるくらい、少し余裕ができた。
他の子に比べると我が子は・・・と心配になるけど、大切なのは子供一人一人の個性を理解してあげること。幼児は色んなことをしてママを試してくるが、それを受け止めてあげられる大きな器が必要。ほんと根気がいるけど子供の成長を信じるのみ。そして、ママの気持ちが伝わり自然と心が成長していくんじゃないかなーと思う。

息子は、イタリアの学校では既に小学一年生ですが、日本ではこの前まで幼稚園生で、先週、補習校の幼稚部を卒業したばかり。一年間色んなことがあり、お友達や先生を困らせ私も悩んだりしたこともあるけど、息子は楽しそうに補習校に通っていた。この卒業式の為に子供達が頑張って練習した歌の合唱を聞いて感動…先生とお友達に恵まれ一年間楽しめてホント良かった。そして、頑張ったなぁーと…涙を堪えるのに必死でした。
この4月から小学部の一年生!この調子で頑張ってくれるといいな〜
息子の気持ちはコロコロ変わり私も振り回されっぱなし。まさに山あり谷あり…さて、これから一緒に小山を登っていこう。。。
別窓 | ・息子 6歳 / 6 anni | COMMENT:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Sotto il cielo di Milano☆ | 6歳の反抗期?!>>

この記事のコメント/ Comments

∧top | under∨
コメントの投稿 / Invia un nuovo commento
 

管理者だけに閲覧 (Invia solo a Mitsi)
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Sotto il cielo di Milano☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。