Sotto il cielo di Milano☆

~ ミラノ の 空 の 下 で ~  伊パパ&私と息子のミラノ生活日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

あいさつ

6歳になった息子。
彼の苦手なことは挨拶。未だに人に挨拶をされても恥ずかしくて返すことができない。
2歳ぐらいの子がチャオ〜って笑顔で言ってくれるのを見ると本当に可愛いし私も嬉しい気分になる。
その反面、息子は損をしている…
例えば、アパートの掃除をするシニョーラに「チャオ!」と挨拶をされ「どこ行くの?」とか、話しかけられても無視…毎朝顔を合わせ毎朝話しかけてくれるのに一度も返したことがない。
当然、他の人もチャオと言っても話しかけても全く息子が喋ろうとしないので、イタリア語が分からないのかと思い、英語で喋り出す人もいる。
「ちゃんと喋んなよ」と私が言うと、恥ずかしそうにニヤニヤして私の方を見るだけ。
それを見ている私は、相手に申し訳ないし、その場の気まずい雰囲気をどうしたらいいものか困る。
その都度注意をしてきたが、一向に変わらない。

4歳くらいまでは、息子は人見知りがあるので仕方ない、何度も言い聞かせるより、先ずは家の中から改善しようと思い、私から積極的に挨拶をするように努めた。
そして、朝起きたら「おはよう」、寝る時には私に「おやすみ」、パパにはイタリア語で「Buona notte」を言う習慣はついた。

しかし、外での挨拶は未だ…
成長すればそのうちできるようになるだろうとは思っているが、もう6歳…そろそろ本気で心配。
かろうじて、最近は毎日会う彼の親友のベビーシッターに手でバイバイできるようになったくらい。
やはり、できない心理はずかしいのかな?どうしたら出来るようになるのか?

よーく考えてみると、実は私も小学生の頃、父親に挨拶を強制された。
朝は自分から「おはよう」と言えなければ叱られる。
お正月の挨拶が正座をしてちゃんと言えなければ、お年玉はあげないと言われ、苦痛だったのを覚えている。
今になってみれば、私も頑固で嫌な子だったなと思う。あの頃は、言えと言われると余計に言えなかったっけ。

ひょっとして、息子もそう?
息子もいつか挨拶の大切さが分かってくれるのかな〜?

別窓 | ・息子 6歳 / 6 anni | COMMENT:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<6歳の反抗期?! | Sotto il cielo di Milano☆ | ハロウィンパーティ2014>>

この記事のコメント/ Comments

∧top | under∨
コメントの投稿 / Invia un nuovo commento
 

管理者だけに閲覧 (Invia solo a Mitsi)
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Sotto il cielo di Milano☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。