Sotto il cielo di Milano☆

~ ミラノ の 空 の 下 で ~  伊パパ&私と息子のミラノ生活日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

2012 バカンス (ドイツ編-1、バイエルン州)

私達のバカンス2週目は、ドイツの南(バイエルン州→バーデン=ヴュルテンベルク州)を一週間旅してきました~
・・・結局、毎年ドイツに行っている私達。

今回の行き先は、先ず「ノイシュヴァンシュタイン城」を見てみたい!ということから決まり、あとは、そこから車で周れるNürnbergやStuttgart(Wilhelma動物園)に行こうということになりました。
夫の車の運転時間を考えながら途中で小さな町のホテルに宿泊し、計7日間1400kmの旅
・1日目- ミラノ出発 → Schwangau 泊(バイエルン州)
・2日目-ノイシュヴァンシュタイン城見学 → Königsbrunn 泊
・3日目-Donauwörth → Rednitzhembach 泊
・4日目-Nürnberg観光→ Ingelfingen 泊(バーデン=ヴュルテンベルク州)
・5日目-Stuttgart→ Empfingen 泊
・6日目-Rottweil → Hüfingen 泊
・7日目-ミラノ到着

●1日目
朝ミラノを出発し、車で走ること422km~オーストリア国境に近いSchwangauという町に到着。
夕方、町を散策。とっても涼しくて快適~・・・というか肌寒いくらい。
P1020467.jpg  P1020469.jpg

翌朝に見学するノインシュヴァンシュタイン城のチケットや行き方を確認。
お城の見学は全てツアーガイド付き(定刻)・・・明日、果たして希望時間のチケットが入手できるだろうか 明日は早起きだ!

●2日目
ノイシュヴァンシュタイン城見学
朝、結局9時半にチケットセンターに到着...すると、既にチケットを買う人の行列
私達の買う番が来る頃にはイタリア語のガイドツアーが3時間後しか空いていなかったので、1時間半後にあった英語ガイドのチケットを購入(一般11€)...まぁ、どっちにしても私にはちゃんと理解できないから同じ。 
ノインシュヴァンシュタイン城まで行くには、1.5kmの坂道(徒歩だと40分)を上がらないといけない。よって、行きはバス、帰りは馬車を利用することに。

バスを降りてマリエン橋へ~
すると絶景が目に飛び込んできました!このパノラマを実際に見ると感動もの!!
P1020480_20120828225640.jpg
このお城は、ディズニーランドのシンデラ城のモデルにもなったそうです。

   マリエン橋の下は渓谷で良い眺めだけど、高所恐怖症の方は下を覗かないほうが○
        P1020489.jpg    P1020486.jpg

徒歩でお城に向かう途中の眺めも~Schwangauの町が一望できる。 
P1020492.jpg
画像の真ん中に見えるのは、ルートヴィヒ2世の父親が所有していた「ホーエンシュヴァンガウ城」
                               (下から見た時の画像)
                  P1020476.jpg

ノインシュヴァンシュタイン城の入り口に到着。
P1020498.jpg
このお城は、バイエルン王ルートヴィヒ2世(1845~86年)によって、彼の憧れとする中世騎士の世界をイメージして造られたそうです。
城内も豪華!中世の伝説を再現した部屋や洞窟、オペラの舞台?のようなものがある大広間など...王のファンタジーの世界が広がる。
18歳の若さで王の座に就いたルートヴィヒ2世のストーリを知ると、この豪華なお城と裏腹に悲しさも感じるけど・・・王は、自分の憧れを現実化させて、さぞかしワクワクしただろうな。。。

帰りは馬車に乗り~Kaiは大喜び!Kaiにとっては、お城よりもこっちの方が興味大!
P1020500.jpg
お馬さん、人を乗せてこの坂道を上がるのは重労働だろうな...よって、上りの運賃は下りの2倍の料金というのもよく分かる。(上り6€/下り3€)

・次はココから車で100kmほど北上し、Königsbrunnで一泊。
夕方、町を散策し大きな公園で遊びました~

●3日目
・朝から車で50kmほど北上しDonauwörthへ~
P1020507.jpg
建物がカラフルでかわいい。
ドイツに来ると街はキレイだし、横断歩道を渡る時は誰もが車をすぐに止めてくれるから驚き。

・更に車で100kmほど北上し、Rednitzhembachという町で宿泊。
ホテルの周りは静かな住宅街。庭付きのドイツらしい家が並び、こんな家に住んでみたい~と想像は膨らむ。。。

●4日目
Nürnbergの旧市街を観光~
旧市街は、中世の城壁で囲まれていて、ところどころに歴史的文化財が見かけられる。
「ヴァイセ・トゥルム」と「エーエカルッセルの泉」    「聖ローレンツ教会」
P1020528.jpg  P1020530.jpg
                             ゴシック様式の大規模な教会。
「ハイリヒガイスト・シュピタール(聖霊施療院)」
P1020536.jpg

マルクト広場にある「フラウエン(聖母)教会」。ココの仕掛け時計はタイミング悪く、見れず...
P1020562.jpg
ここはクリスマスマーケットでも有名。
広場ではちょうど青空市場をやっていて、ドイツの食材などをみるのも楽しい~

「シェーナー・ブルンネン」(美しの泉)・・・40の像で成り立つ黄金の派手な噴水。
    P1020543.jpg
       Kaiも興味津々? 
噴水の柵には「幸運のリング」と呼ばれるものがはめ込まれていて、これを3回まわすと願いが叶うという言い伝えがあるそうです。

ここでは教会を4つほど見て回り、Kaiは意外と興味があるらしい…その理由は、義理母の影響大。彼女がKaiをよくリグーリアの教会やミサにも連れて行っているから...。
   
~昼食は、ニュルンベルク ソーセージ~       ~それと、ビール~! 
n  P1020544.jpg
 (小振りの白い焼きソーセージとポテトサラダ)   パパとママは良く飲むな~

さて、昼食の後はおもちゃ博物館へ~
N2_20120829211120.jpg
ニュルンベルクは、「おもちゃの町」としても有名らしい。
この博物館には、木のおもちゃやミニチュア、アンティークドール、ブリキのおもちゃなどが展示されていて、おもちゃの歴史を見ることができる。
Kaiは車や電車のおもちゃに夢中!ママは繊細でリアルなドールハウスやアンティークなミミシンに夢中~ 大人から子供まで楽しめます!

良い子にできる約束をして、パパに木の銃を買ってもらったヨ。 
K3_20120830011048.jpg
        因みに、コレドイツ風サンダルの履き方
(サンダル+靴下スタイル・・・よく見ると、みんなこうやって履いている。)

・次の行き先は、車で西へ向かい、バーデン=ヴュルテンベルク州へ~
~続く~

別窓 | ・旅行 / I viaggi | COMMENT:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<2012 バカンス (ドイツ編 -2、バーデン=ヴュルテンベルク州) | Sotto il cielo di Milano☆ | 2012 バカンス (リグーリア編)>>

この記事のコメント/ Comments

∧top | under∨
コメントの投稿 / Invia un nuovo commento
 

管理者だけに閲覧 (Invia solo a Mitsi)
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Sotto il cielo di Milano☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。