Sotto il cielo di Milano☆

~ ミラノ の 空 の 下 で ~  伊パパ&私と息子のミラノ生活日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

バイバイ~おしゃぶり

あけまして おめでとうございます             
  今年もどうぞ宜しくお願いします~    Felice anno nuovo! 

2012年、新しい年が始まりました~
昨年末までに...と決めていたKaiの課題もクリアできて一安心。
それは~
おしゃぶりを卒業すること。
Kaiは気が落ち着かなくなった時と、寝る時にはおしゃぶりが必需品でした。
これがないと落ち着けず、与えるまで騒ぎ続けるというおしゃぶり依存症
夜中、おしゃぶりが口から外れて探せないと「ママー!チュッチョ(おしゃぶり)!!」と叫んで起こされることもしばしば...。
長い間使ったおしゃぶりも さすがに歯で噛み切られ、それでも愛着は変わらず.。
Kaiのおしゃぶりを外すことは正直、オムツを外すことよりも大変だろうと覚悟していました。

今まで何度もおしゃぶりを止めさせようとKaiに言い聞かせたけどNG。
他にも、おしゃぶりを無くした振りをしてみたり、おしゃぶりの先を切って吸い難くしてみたり、いつもと違う形のおしゃぶりを与えて諦めさせようとしたけど、全てNG。与えなければ泣き騒いでワガママ三昧...結局、Kaiの執念深さに負けてしまいました。
それほど執着しているものを無理やり奪うのもかわいそうになり、そのうち止める日が来るだろう~お互いストレスなく止めさせたいと思うようになりました。

そして、私が考えついたのがおしゃぶりバイバイ作戦!
もう半年以上も前からこの日(12月24日)を待っていました~
実際、決行したのはクリスマスの前日・・・幼稚園も休みに入り、一日中私と一緒で二人の世界に入れるし、我が家の方が落ち着く。(24日は、リグーリアにいる義母の所に行く予定だったので)
お昼寝の時に、
サンタさんがおしゃぶりを持っていっちゃった。その代わりに明日プレゼントを持ってきてくれるんだって~
とKaiに言ったら、簡単に信じちゃいました。
「明日、サンタさんは何のプレゼントを持ってきてくれるんだろう?Kaiは何が欲しい?楽しみだね~」とか話しをして、あとは安心させる為に手を握って、意外にもすんなり就寝。
因みに、Kaiの欲しいものはFin(カーズに登場する車)と、「新しいミッキーマウスのおしゃぶり(ミッキーのが一番お気に入りだった)」とのことでした。

その後、数日は寝る前に「おしゃぶり」を欲しがりましたが、サンタさんのことを言うとそれなりに納得。 
クリスマスには期待通り、サンタさんからた~くさんプレゼントを貰いましたしね~本人は満足したようです。 
5日後にはもうおしゃぶりのことを口にしなくなりました。

昨日、もう必要ないと確信したので、Kaiに気付かれないよう おしゃぶりをゴミ箱へポイ。...長い間お世話になったKaiの大好きなおしゃぶり...何だか私までもが愛着が...。
今や、寝るときの安定剤、おしゃぶりの代わりがお・て・て(私の手を握ること)となっています。。。

年齢的におしゃぶりを外さなきゃいけないということ以外にも、ゆだれ(異常にゆだれが多かった)や、口の周りの肌荒れ(おしゃぶりが肌に当たって)も解消されました。

3歳と2ヶ月、おしゃぶりを外す時期は遅かったけど、楽に卒業できてヨカッタです・・・サンタさんの話をでっちあげたママを許してね~

別窓 | ・息子 3歳 / 3 anni | COMMENT:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Monopattino | Sotto il cielo di Milano☆ | Buon Natale e buone feste!>>

この記事のコメント/ Comments

ジャコミーナさん、こちらこそ今年もよろしくお願いします。
Kaiのおしゃぶり卒業作戦、サンタさんの話は我ながら上手くいったと思ってます。
10歳でおしゃぶりとは...ビックリですね。話は違うけど、ベビーカーも6歳くらいの大きな子が乗っているのを見かけますよね。
Kaiもおしゃぶりで歯並びが悪くなるのが心配でしたが、今のところ影響はないみたいだし、止められて本当によかったです。
2012-01-17 Tue 21:53 | URL | Mitsi #-[ 内容変更] | top↑
mitsiさん、遅ればせながら、あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

kaiくん、スムーズにおしゃぶりを卒業できてよかったですね。うちの子の場合、口の端が化膿してしまったため、小児科医の指導で強制卒業になりました。1週間ほどは供覧状態で泣いていました。口の怪我が治らないからやめないといけないと頭では分かっていても、気持ちが納得できなかったようです。kaiくんは、うちの子よりもさっぱりとした性格なのかもしれませんね。

こちらでは、10歳くらいでまだおしゃぶりをしゃぶっている子供をまれに見かけますよ。適切な時期にやめないと、可能だけでなく、歯並びの不良形成や大きくなってからの喫煙依存につながりますから、親としては心を鬼にして実行する必要があると思います。
2012-01-16 Mon 05:59 | URL | ジャコミーナ #592Xd23o[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿 / Invia un nuovo commento
 

管理者だけに閲覧 (Invia solo a Mitsi)
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Sotto il cielo di Milano☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。