Sotto il cielo di Milano☆

~ ミラノ の 空 の 下 で ~  伊パパ&私と息子のミラノ生活日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

予期せぬ入院。。。

5日間の入院中の出来事について~
34週目の定期健診を行った次の日、夕食の準備中に不正出血。
この出血を見た時、痛みもないし出産前にある「おしるし」が早めに来てしまったのかな?でも34週目にして早すぎる...と思い、掛かりつけの婦人科医に電話。救急病院に行った方が良いとのことで、出産予定の病院(San carlo)の救急窓口へ行きました。
待つこと約40分、内診とMonitoraggio(胎児の心拍と陣痛の強度を測りグラフにする)検査を行い、診断では、何らかの原因で子宮腟部に傷がついて出血したのだろうとのこと。
そして気になるのは、お腹の張りがお産の前のように硬い(張っている)こと。...(今までもこの張りはあり、私自身、普通だと思っていました。)
医師→「入院して明日の様子を見ましょう。入院に必要なものは持ってきていますよね。」
私達→「えっ...何も…・」 まさか入院なんて思っていなかった私達。婦人科医からも37週までに準備すれば良いと言われていたし、、、。

入院手続きを済まし、夫は私の荷物を取りに家へ~。
そして、私は病室へ案内され、血液摂取。これが悪夢!!
看護婦さん、私の血管が細くて針を刺すことができないのです。血管を探っているコレが痛い!!2本目、3本目、4本目…と試すがNG。「信じられない!出来ないわ!あなたの血管は細すぎるの!」と彼女は連発。。。仕舞いには「私、汗をかいてきたわ。」と。。。
…この時、私は痛さと恐怖で手が冷えきり、握りこぶしをしていた手の平がつっていました。
看護婦さんは、「これが最後よ。」と言い6本目にチャレンジ...しかしNG。そして、7本目...
結局、彼女は先輩の看護婦さんを呼んできて9本目で何とか成功!
既に夜中の1時半。荷物を持って戻ってきた夫も私の腕を見てビックリしていました。2週間経った今でも私の腕は麻薬患者のように青い。。。

私の最初の病室は、出産を終えたばかりの女性と二人部屋でした。この病院は母子同室で、隣にはガラス張りの保育室があります。赤ちゃんが夜鳴きして母親は大変そう...慌しくて私も眠れず、睡眠不足。。。
3日目には、産科の病室が一杯になった為、私は婦人科病棟へ移され、4人部屋へ。
双子を帝王切開で出産した人、8ヶ月で流産してしまった人、陣痛で夜中に病室に入って来て出産した人...。ごちゃまぜでした。

入院した翌日、朝6時からMonitoraggioを2時間近く行う。(あまりにも長いので、忘れらてしまったのかと心配に...。)
そして、診察。少量の出血はまだあり、子宮の収縮が定期的にきているため、近々出産してしまう可能性があるとのこと。私達は、びっくり!未だ、心の準備&ベビー用品の準備が出来ていない!
潤オその後、子宮の収縮を治める薬を1日半点滴し、なんとか治まりました。

診察は、大きな病院だけあって毎回医師が変わり、それぞれ判断も違う。カルテがあるものの、毎回今までの状況を説明しなければならない。
入院中、2度目に出血があった時、ある医師に症状を話すと「よくあることだよ。あとで診察してみよう」と。この「あとで・・・」の言葉がココでは当てにならないのです。
そこで、初日に診察した医師を見かけたので、症状を話してみると、すぐに診察してくれました。内診も念入り。子宮腟部にポリープを見つけ、これが原因かもしれないとのこと。出血の度に家と病院の往復は大変だから、もうすこし入院していた方がいいね...と、とても親切。先生によってこうもちがうとは…。

結局、2度目の出血があった翌日、出血も止まり、他の医師の判断により退院となりました。暫くは、自宅で安静にしているように、とのこと。

病院では色んな人達を見てきました。
中には意地悪でいつも怒鳴っている看護婦がいて、私はナーバスになったり...ここでは常に自分自身が強くいなければならないのです。
しかし、そればかりでなく良い医師と親切な看護婦にも出会えたので幸運だったと思います。

そして、夫や心配してくださった方々に感謝しています。
夫は毎日、朝夕病院に通い、家に帰っては私の着替えの洗濯&出産用品の買い物…etc。
義母も毎日私の様子を伺い、手助けしてくれた。(彼女は流産の経験があり、夫を出産した時も8ヶ月間、出血や痛みがあり大変だったそうです。)

今回の入院では、実際に病院の様子を見たり、妊婦さんの出産話を聞いたりして、次回、出産で病院に行く不安もなくなりました。
今や入院準備は、ばっちりです~
別窓 | ・妊娠中 / Durante la gravidanza | COMMENT:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<PASSEGGINO (ベビーカー) | Sotto il cielo di Milano☆ | イタリアの誕生会>>

この記事のコメント/ Comments

v-22LUNEDIさん
ありがとう。
入院して、いろいろ勉強になったわ。
今まで普通だと思っていた「お腹の張り」の異常さも分かって、自分の体をいたわるようになりました。
病院のことも良く分かったし、本番は安心して行けるわ。
ただ、血液検査が恐いーi-237!どうか、あの看護婦さんにあたりませんように。。。
2008-10-09 Thu 08:12 | URL | Mitsi #-[ 内容変更] | top↑
最初に聞いたときは、本当にびっくりしたけれど、
その後、そして今は順調のようで、ホントよかった。。
病院でのいろんな話、それから腕を見たときには、ホント
驚いたけれど、、これで本番のときには病院に緊張しないで
いられるし、予行演習の入院だったと前向きに思えればいいね☆
2008-10-08 Wed 08:12 | URL | LUNEDI #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿 / Invia un nuovo commento
 

管理者だけに閲覧 (Invia solo a Mitsi)
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Sotto il cielo di Milano☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。