Sotto il cielo di Milano☆

~ ミラノ の 空 の 下 で ~  伊パパ&私と息子のミラノ生活日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

アパートの水漏れ、その後...

アパートの水漏れの記事を書いてから、約一ヶ月。
その後...まだ修理されていませんでした。。。

壁のシミを見つけ、アパートの管理事務所を通し、業者の人が家に見に来てから
3ヶ月以上は経っているだろう。
最初は小さなシミだけだったのに、どんどん氾濫し、今や壁の上から下まで広範囲にわたって湿っている!カビも何度か取り除いたけど、きりがない。
その業者に早く来てくれるように電話したけど、彼の仕事に「他に大きな問題が発生した」との返事。
我家もどんどん悪化していて問題なんですけど・・・
再度、管理事務所の人に状況を伝えるために電話をしたけど、その後も変わらず・・・。

これはいつになっても来てもらえる見込みはないな...と思い、義母と一緒に直接このアパートの管理事務所に出向いて相談してきました。
すると、直接行くと事は早い!しかも、担当者と義母は以前から顔見知りだし。
「あの業者は、全くダメだわ!」と言って、すぐに違う業者に電話をしてくれ、その数時間後には業者の方が家に来てくれました~
何てスムーズなんだろう~って・・・この敏速さ、イタリアでも有り得るのね。。。
しかも、今度はとっても親切で丁寧&慎重な担当者。
いろいろな方面から確認して、水漏れのある反対側の部屋→台所も被害にあっていることを発見!...私達も気付いていませんでした。
特に換気扇のコンセントがあるところなんて湿ってボロボロ!危ないったら!

壁の中を通っているだろうと思われる配水管から水が漏れているか、もしくは、外のテラスから水が流れてきている可能性もあるとのこと。
でも、配水管が本当に壁の中を通っているか分からないので、試しに壁に小さな穴をあけて確かめてみようということになりました。

そして、今日、実際に作業員の人が来て、作業が始まったのです~
配水管がどこを通っているだろうか?不明...
先ず、どこに穴をあけて確かめるか迷っていたが、結局、目立たない方(台所の隅の壁)を、金づちで数回叩くと、いとも簡単にコンクリートの壁がボロボロと崩れるでは!そこの壁の厚みは1cm程しかない。 因みに、他の壁はレンガが基礎になっているみたいけど、ちゃち。勿論、建物自体も古い。

ぽっかり空いた壁の中は空洞になっていて、そこには配水管が見えました~穴あけ場所、的中です!ブラーボー!
そして、問題が明らかに。。。上の階の配水管を触ると濡れている...
水漏れは、上の家からきていました!実際に、家の台所の水を流してもらうと、我家の方にポトポト...と。

上の階の人が明日不在ということで、修理工事は明後日に決定。…それまで、「台所の水を使わないで」とお願いしていたけど、無理だろうな...。

今日は、原因がすぐに解明できたのと、作業員さんが親切&丁寧で
作業で傷が付かないように入り口から台所までの床や水周り、棚の上にカバーを掛けて覆い、最後にはちゃんと掃除までしてくれた。
壁にあけた穴は直すまで見苦しいだろうと、ダンボールできっちり覆いを。
日本だったら普通かもしれませんが、ここはイタリア。皆がこう出来るものではない。
我家の改装をした時の業者の人は、超雑!だったし、他にも気を遣わない人が多かった(来るたびにフローリングの床に傷を残していった)のでガッカリしていたけど、中にはこいう方々もいるんだなぁ~って、ちょっとイタリアを見直し、嬉しく思ったのでした~
別窓 | ・ミラノ生活 / La vita di Milano | COMMENT:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<雨、雨、雨... | Sotto il cielo di Milano☆ | La cioccolata...>>

この記事のコメント/ Comments

∧top | under∨
コメントの投稿 / Invia un nuovo commento
 

管理者だけに閲覧 (Invia solo a Mitsi)
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Sotto il cielo di Milano☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。