Sotto il cielo di Milano☆

~ ミラノ の 空 の 下 で ~  伊パパ&私と息子のミラノ生活日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

語りかけ

友達を通して貸してもらった「語りかけ」育児の本
今の幼児期に大切なことがたくさん書いてあって、とっても勉強になりました。
この本を薦めてくれたMちゃん、そして そのお友達に感謝~

この育児法は「1日30分、静かな環境の中で子供に言葉で語りかける」というもので、
この親子のコミュニケーションが、これからの言語発達と、更に 知的能力の発達にも影響してくるそうです。

発達に合わせてどのように話しかけたら良いかなども書かれていて、
例えば、
・ゆっくり、大きめに、いろんな声の調子で。
・短い文を使い、文と文の間はひと息いれる。
・同じ言葉を繰り返し、また、いろんな場面で取り入れる。
・話すときは代名詞ではなく、物の名前を使う。
・子供が言いたいけど未だ言えないことは、代わりに言葉を膨らまして話してあげる。
・・・
こういったことは、私がイタリア語を聞き取るときの立場と一緒なんですよね。
これからは、聞きやすさ&覚えやすさを意識して、もっともっと話しかけていこう!

平均的に2歳頃の子供は50単語くらいを使い、2語を組み合わせて話すようになるそうです。
それが2歳5ヶ月までには、多くて200単語ほどを使い、3語文で話すようになるとのこと。
まぁ、それも個人差があると思いますが...
現在2歳2ヶ月のKaiはというと、50単語に欠ける程度で、そのうちの7割がイタリア語
そして気になるのは、一単語でしか話さないということ。(一応、聞き取る方はある程度解っている様子)
「二ヶ国語を使う子供は言葉を混乱する」と言われていますが、
パパとママがそれぞれ自分の母国語で語りかけることを徹底していれば大丈夫だそうです。

他にも改善しなきゃいけない事がたくさん!
特にドキッとしたことは、テレビを一日30分以上見せてはいけないということ。(話が分かるようになる3歳半頃からは1時間が限度)
KaiはRaiYoYo(子供向けのチャンネル)が大好きで、食事の時は必ずTVを見たがり、時には食べる手が止まってしまうほど夢中になって見ていたのです。
私が食事の準備をしている間も、つい楽だから一人でTVを見せていました...。
先ずは、食事中にTVをつけることをやめる!そして、一人では見せない!
今までTVと向かい合っていたKaiの食事用椅子も見たがらないように場所を移動。
こうして食事中は私と向き合い、少しでも多くの時間 話が出来るようにしました。

今年の9月からはKaiも幼稚園に通い始めます。
その前にはオムツを外す必要があり、この春からトイレトレーニングを始めようと思っています。ちょっと始めるのが遅いかもしれませんが、先ずは、もっと言葉が喋れるようになってからかな...と。
あと三ヶ月でどれくらい成長が見られるでしょうか?

私がKaiとべったり一緒にいられるこの時期を活かし、今の成長期を大事に過ごしていこう~!
別窓 | ・育児 / La cura dei bambini | COMMENT:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<イタリアの幼稚園探し | Sotto il cielo di Milano☆ | Buon Anno! 2011年>>

この記事のコメント/ Comments

そう、これは日本の育児本です。
バイリンガルで言葉を覚えさせる場合、親が子供に自分の母国語以外、もしくは混ぜて話しかけたりしてはダメなんだそうです。
ユウキくんはママとはちゃんと日本語で喋るのかな?
最近、Kaiにイタリア語で話しかけられた時、日本語で話して欲しいがために、私はわざとそれを日本語に言いかえて話しています。
でも、知っている言葉を嬉しくて使っているのに、間違っているという気にもさせたくないし、内心すごく複雑な気持ちです。

オムツ外し、そちらは一年遅いんですね!地域で違うなんてビックリ。
ある子供は、オムツがダメという事を知らなくて、幼稚園に入る寸前に先生から言われて大変だったみたい。
うちも義母から早くトイレトレーニングを始めなきゃいけないって言われていて、昨年末にオマルを買い渡されたんですけどね...。試してみたら座って遊んでいるだけでした。
トレーニング時期が長引いてストレスになるよりは、物事がもっと解るようになってから一気に根気入れてやろう!と思っています。
まぁ、 そう簡単にはいかないでしょうけど、お互いに頑張りましょうね~
2011-01-11 Tue 16:07 | URL | Mitsi #-[ 内容変更] | top↑
参考になりました、今回の記事。

この本は日本のもの?
元小学校教師ミレッラ母も同じことを言っていました。子供の目線に立って、ゆっくりと分かりやすく話さないといけませんね~。
バイリンガルの場合は、大人が自分の母語で話したほうが良いってことでしょうか。外国人の母親が間違っている可能性が高いイタリア語で話しかけるよりも、良いですよね、単純な話。。

北イタリアの幼稚園は、3歳から&おむつ×なんですね。こちらは、1年遅いです。だから、オムツ外しはこの夏ごろに始める予定ですが、個人差もあるようなので無理強いはしないつもりです。
男の子はおくてらしいので、おむつも言葉も女の子よりも遅いそうです。気長に(mitsiさんは期限があるのでそういうわけにはいかないでしょうが。。。)頑張りましょう。
2011-01-10 Mon 21:12 | URL | ジャコミーナ #592Xd23o[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿 / Invia un nuovo commento
 

管理者だけに閲覧 (Invia solo a Mitsi)
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Sotto il cielo di Milano☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。