Sotto il cielo di Milano☆

~ ミラノ の 空 の 下 で ~  伊パパ&私と息子のミラノ生活日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Dolomiti 「2010年版」

今年もサンタンブロージョの連休を利用して5泊6日でDolomitiに行ってきました~

昨年は、Kaiと一緒にパパのスキーを眺めていましたが今回は私もスキーをすることに。
よって、Kaiをリグーリアに居るノンナに預けることにしました。
Kaiは初めて一人でお泊り。しかも10日間も。
まぁ普段、私と離れても全く大丈夫なので あまり心配はしていなかったけど、その通り、ノンナと楽しく過ごしていたようです。...全くママがいなくても大丈夫、っていうのも内心寂しい...。
その反面、ママの方はいざ賑やかな子がいなくなってみると寂しい~!
子供部屋がし~ん、食事中も、車の中もし~ん。なんだか静かすぎて物足りない。


さて、今年のDolomiti。
昔、夫が来ていた頃の12月初旬は殆ど雪がなかったらしく、今年は雪があるか心配でしたが、この標高1200mの地域に近づくと雪は深々と~
滞在中雨が降らないことを祈りつつ、4日間のスキーパスを購入、そして スキーをレンタル。

スキー初日は雪、気温は-2度~0度。 (夕方は-5度)
寒いけど雪はさらさら~で滑りやすそう。

...と、いかにも私 スキーヤーのようですが、、、
スキーをするのは20年ぶりなんです!...ちゃんと滑れるか心配。。。

早速、初日、ちびっ子ゲレンデで滑ってみると、思いのほかに滑れる!
きっと、これはゲレンデの雪がサラサで良い状態だから。
夫に教えてもらいながら体を慣らし、おだてられつつ、一度滑っただけですぐにリフトで山頂へ~(連れて行かれた)

滞在中の天気は、初日と2日目は雪&霧で真っ白。
3日目の気温は4度まで上がり、雨が降ってスキーはNG。
この雨で雪もだいぶ溶けてしまいましたが、4日目の朝 突然 吹雪となり、その後、私達がゲレンデに着く頃には太陽が顔を出しました! ...山の天気はホント変わりやすい。
この日は、夫曰く、今までにない最高の雪質だったそうです。(←いつも大げさだけど、確かに滑りやすかった。)


リフトを二つ乗り継いで2100mの所に到着。 左下に見える建物は教会とロッジ。
P1000766.jpg

ここではゲレンデの難度は高い順にと色で示されている。
青といっても急斜面もあり、私はヒヤヒヤ。下まで降りるのに赤も通過しなきゃいけなかったりもして...でも度胸で滑っちゃえば何とかなるもの。...やっぱ、雪質が良いせい。

急斜面は滑るのに必死だけど、緩やかな斜面は景色を見ながら気持ち良い~
午前中は人もいないし我が世界。自分はスキーが上手いと錯覚さえもする。
調子に乗って滑っていると、人がいなくてゲレンデコース外に出ちゃいそう。。。
P1000752.jpg
ゲレンデも広~く、長~い
Dolomitiの山は壮大で、主要リフトは全部で200、ゲレンデの総距離は500km。
町から町へとリフトやゴンドラが繋がっているので、地域共通のスキーパスで広範囲にわたって楽しめるのです。
(私達は、ほんの一部の場所しかいませんでしたが。)

20年目前の私の知っている日本と比べると、こちらのスキーヤーは、
・大人から子供までみんな上手。・・・(ボーゲンで滑っているのはスキースクールを受けている子供ぐらい。)
・若者グループを見かけない。・・・(若者は親と家族で来ている)
・スノーボードをしている人が少ない。・・・(昔は、やはりスノボが流行っていたそうな)
・80%の人がヘルメットを着用。・・・(日本ではあまり見かけなかったので、ココで目に付いた。実際、ヘルメットの必要性あり。義母は不着用で転び、頭を打って入院したことがあるそうな。)


私達が一緒にココに来るのも3回目。
夫は小さい頃から毎年ここに来ていたらしく、私は3年前の夏に連れてきてもらって以来大好きになりました。
ここに来ると、イタリアから出て他の国に来た気分になるんですよね。
壮大な自然の景色は勿論、町や建物はキレイ、人は温和で親切。
ホテルやスキー場のロッジの人も、私達のことを覚えていてくれて歓迎してくれたのもウレシイ。やっぱココは居心地良い~。

この地域のお隣はもうオーストリア。
住民の間ではラディン語が使われ、その他、イタリア語とドイツ語を話す。
町の雰囲気や食べ物までもがオーストリアの影響を受けて、食事も楽しみ!
スキー場のロッジでのお昼。ミネストローネWithソーセージ。          
1_20101215022343.jpg

寒い日には、温かいドルチェ達が美味しい~
コケモモジャムが入ったフカフカ~なパンにカスタードクリームがかかっている。
アツアツです!これが甘過ぎなく美味しい!! 
本場、オーストリアのものはカスタードではなくバターソースがかかっていて、更に美味しいそうな これらのドルチェを食べにウイーンに行きたくなってきた。。。
因みに この大きさ、しっかり一食分(主食として)の量があるので、覚悟!
771.jpg

昨年も同じレストランで同じもの食べたっけ。
野生の加工肉(カモとガチョウの燻製、鹿、ブレザオラ...など)
P1000742.jpg

夕食は、ホテルにて~毎日フルコース、常に肉料理がメインで満腹。(↓アンティパスト)
P1000733.jpg P1000719.jpg
昨年は、Kaiと一緒で賑やかだったなぁ~なんて、思い出したりもして。。。

スキーをしている子供を見るとKaiもあんな風に滑るようになるのだろうかぁ~?と想像しちゃいました。
今度、一緒にスキーに来るのが楽しみ。
念のため、レンタルスキー店の人に何歳くらいからスキーができるか聞いてみたら、3歳位からだそうです。2歳半で始めた子もいたそうな。
さて、来年はKaiと一緒に来れるかな~
別窓 | ・旅行 / I viaggi | COMMENT:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ママへの発信。 | Sotto il cielo di Milano☆ | 言葉の理解力>>

この記事のコメント/ Comments

∧top | under∨
コメントの投稿 / Invia un nuovo commento
 

管理者だけに閲覧 (Invia solo a Mitsi)
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Sotto il cielo di Milano☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。