Sotto il cielo di Milano☆

~ ミラノ の 空 の 下 で ~  伊パパ&私と息子のミラノ生活日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

No2.ドイツ~デンマークの旅(デンマーク編)

旅の続き、デンマーク編です。
デンマークの通貨は、クローネ。(1DKK=約20円) 言語はデンマーク語ですが、多くの人が英語も話せます。 行きの経路は、ドイツと陸続きのユトランド半島から入り→フュン島→シェラン島(東方向)へ移動しました~
●5日目 Ribe
ドイツからデンマークに入り、高速道路を降りてから何もない農道をひたすらまっすぐ走り~見えるのは壮大な畑と、牛、羊、馬...529~2時間程車で走るとその先にRibeの町が見えてきました。
Ribeは700年代に出来たデンマークで一番古い都市。古い街並みがそのまま残っています。静かでとてもかわいい町!ここで2泊。ホテルが近くにない為B&Bに泊まる事に~キッチン、バス&トイレ付きのアパートの一室、可愛い部屋で正解でした。ホテルよりも自分の部屋みたいで落ち着きます。 
Ribe01 Ribe03
↓川沿いがとてもきれい! ある可愛いレストンを見つけ、早速デンマークの食事を~夫はサーモン、私はスズキ?の料理を注文。そして、この山盛りの小エビのカクテル!とても新鮮!美味しくて感動でした~
Ribe04 Ribe02

●6日目は レゴランドへ~(Ribeから車で北へ50分程走った所)
到着すると、チケットを買うための長蛇の列が!!~ちょうど夏休みで子供連れの親子が沢山!こんなに混んでいるとは全く想像していませんでした。 (チケット=大人259DKK)
中に入ると先ず、各国のLEGOの模型ゾーンがあります。 ↓オランダ。
Ribe05 Ribe08
↓日本も見つけました! 日本のイメージは新幹線217と、宮島?の大鳥居と、着物姿 412
Ribe06 Rego   
他に乗り物のゾーンもありますが、この日は雨で寒く95そして異様な混雑ぶり!私達は殆ど利用せずにRibeに帰りました。475(...私は、妊婦だし。)
因みにこの日、夫は風邪を引いてしまいました。
次の朝、ヴァイキング博物館へ~Ribeはヴァイキングの交易地に起源を持つ町。この地方で発掘された所蔵品が展示されており、ヴァイキング時代の生活の様子が良く分かりました。

Ribe(ユトランド半島)から東にあるOdense(フュン島)に向かう。 
●7日目 途中、Koldinという町に立ち寄り、昼食。
~夕方 Odenseに到着。

●8日目 Odense 観光。
Odenseは「みにくいアヒルの子」や「マッチ売りの少女」で知られるアンデルセンの生まれた町。
↓・アンデルセン博物館を見学。
ハンス・クリスチャン・アンデルセンの生涯や作品にまつわる資料が上手く展示されています。アンデルセンの昔の家を再現した部屋があったり、内容が豊富で楽しめました。
中にはショップもあり、我が子の為にイタリア語の童話集と日本語「みにくいアヒルの子」を購入。(...いつ頃、読めるようになるでしょうか...?)
Odense02 Odense03
↓・アンデルセン子供時代の家。2~14歳まで過ごした家。この辺りは昔のままの可愛い街並みが残っています。Odenseの中心街と比べると全く違う町。
Odense04 Odense01
この後、コペンハーゲンのあるシュラン島へ向かう。

○途中、Nyborg に立ち寄り、昼食。
↓お城周辺の風景。ニーボルグ城の中は、かなりの古さ。 ・↓フュン島とシュラン島にかかる橋を渡る。(通行料205DKK)
Nyborg Nyborg03

・夕方、Roskilde に到着。(ここに2泊し、明日コペンハーゲンへは車で行くことに。)
Roskildeの町に夕食に出掛け、雰囲気の良いレストランを見つけました~
先ず、スモークサモン↓とても美味しくて感動!それから~肉料理。↓(子羊のロースト)
Roskilde02 Roskilde03

●9日目 Kobenhavn
ついに最終目的のコペンハーゲンに来ました!さすがデンマークの首都とあって大きな街!そして観光客が多いこと!!
先ずは、中心街にあるチボリ公園から出発し、人魚の像方向に向かって観光名所を歩くことにしました。
途中で国立博物館を見つけ、立ち寄ることに~古代からヴァイキング時代にかけての歴史的所蔵品が時代別に分かりやすく展示されていました。各国の所蔵品ゾーンなどもあり、じっくりと見ることができます。
・↓クリスチャンボー城。現在は国会議事堂や博物館などに使われています。・↓旧証券取引所。
コペン01 コペン02 
・↓レストランやカフェが集中するニューハウン。17世紀後期、街の中心に交通と商業を引き寄せるために開発された水路だそうです。この運河沿いには観光客がびっしり!! 私は、ここから港に続く景色、海沿いがコペンハーゲンの中で一番好きでした。
コペン03 コペン04
・↓アメリエンボー宮殿・・・マーグレーテ2世女王の居城。宮殿の屋根に国旗が掲げてあれば女王在宮のしるしだそうです。
コペン05 コペン05
・↓アメリエンボー宮殿のすぐ近くにあるフレデリック教会。(大理石教会) ・↓海沿いを歩いて人魚の像に行く途中、きれいな景色が続きます。
コペン06 コペン07
・↓これが、あの「人魚の像」です!コペンハーゲンのシンボル的な存在。ツーショットしようとする人でいっぱいでした。・写真右は、カステレットと呼ばれる堀で囲まれた星型要塞の入口。函館にある五稜郭のもととなったそうです。この中を通り、中心街に戻っていきました~この一日、かなり歩きました!106 
コペン08 コペン09
ローゼンボー宮殿497にも行きたかったのですが、ここからは少々遠く時間なし。(体力も限界)コペンハーゲンをゆっくり見るならば、もう一日欲しいところ。市内では自転車の貸し出しもあるそうなので、次回はぜひ~215(デンマークは、自転車用の道路も整備されているので、サイクリングには最適です。)

●10日目  Helsingor 観光。
朝からヘルシンオアへ移動。(コペンハーゲンから北に44km)
・クロンボー城を見学。。(世界遺産)ここは、ウイリアム・シェークスピアの「ハムレット」の舞台となったお城です。16世紀後期に建てられたルネッサンス様式のお城で、部屋の中は、暖炉や家具、タペストリなど...とても優雅さを漂わせていました。中には教会も。
・右の写真は、クロンボー城の窓から見た光景。95この日は雨で見難いですが、ここはオアスン海峡に面した所に建っており、向こう岸にはすぐスエーデン、ヘルシンボリの町が見えます。
Helsingor2 Helsingor

ここから南下し、ドイツへ移動~つづく~

デンマークでの感想~
先ず、さすが北欧とあって食事、ホテル、駐車場...全てが高いです!230
ホテル探しも苦労しました。…デンマークの地方には「Kro」と呼ばれる宿があり、値段も安く、ここは昔ながらの雰囲気を味わえるそうです。今回は一杯で予約が取れませんでしたが、次回は是非!
この5日間、観光名所ばかりに行ったので、デンマークの漠然とした部分しか見れなかったような気がします。機会があれば、ユトランド半島北の小さな町(海沿い)へも行ってみたいです。きっとまた違う発見があるはず~


別窓 | ・旅行 / I viaggi | COMMENT:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<No3.ドイツ~デンマークの旅(ドイツ編) | Sotto il cielo di Milano☆ | No.1 ドイツ~デンマークの旅>>

この記事のコメント/ Comments

v-22LUNEDIさん
私も歴史のある小さな田舎町が好き。そこで、のんびり散策して食事を楽しんで...その土地の雰囲気につかるのね。
Ribeは、LUNEDIさんもきっと気に入るはず。
そうそう、Ribeの私が写っている写真の広場で、クラシックカーコンクールやっていましたヨ。コモ湖畔でやったやつのデンマーク版だと思う。
2008-09-12 Fri 09:11 | URL | Mitsi #-[ 内容変更] | top↑
ここまでの分、写真みて、読んで、わたしも旅気分を味わって
います。
とくにRibe、興味深い。。。歴史の感じられる小さな町、いいね。


2008-09-11 Thu 10:45 | URL | LUNEDI #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿 / Invia un nuovo commento
 

管理者だけに閲覧 (Invia solo a Mitsi)
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Sotto il cielo di Milano☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。