Sotto il cielo di Milano☆

~ ミラノ の 空 の 下 で ~  伊パパ&私と息子のミラノ生活日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ウイルス

この秋からTempo per le famiglieや、私はイタリア語教室に通い始め(その間Kaiは学校内の託児所へ)、外に出る機会が増えてきました。
Kaiもオモチャがたくさんあるところで自由に遊べて大喜び。他の子供達とも一緒に過ごせる良い機会となっています。

子供は幼稚園に行きだすと病気になり易くなる...とは聞いていたけど、実際、Kaiもそう。
こればかりは仕方ないことですけどね。
今まで病気知らずだったのに、この秋からちょくちょく風邪を引くようになってきました。
まぁ、風邪といっても軽い咳や鼻カゼ程度で数日で治っちゃうから「私に似て体は強いようだ」と、思っていました。

しかーし、そんなKaiも胃腸にくるウイルスに感染してしまいました。
3日前の夕方、突然嘔吐し、その後も吐き続ける。お腹は空いているようで「クラッカー!」「アクア!(水)」と言って欲しがるけど、いざ口にすると吐いちゃう。
まぁ、それでも元気はあったのでその夜は吐かないように少しだけ水を飲ませて寝かせました。

そして、次ぐ朝は9時を過ぎても目を覚まさない。いつもだったら「ママー!」って目覚めと共に元気に私を呼ぶのに...。
心配になって起こしに行くと、いつもの元気がない。
とりあえず水を飲ませると、飲んでいるそばから嘔吐!
本人もびっくり&ぐったりしちゃって、この時は未だ私もウイルス感染だということが分からず、初めてKaiがこんな様子を見せたものだから本当に焦りました。水も飲めないんじゃ、どうしよう...。
...こんな時に限って、夫は出張中で電話をかけても出れない。義母は、ポルトガルに旅行中。

いつもだったら夫に頼りっぱなしだけど、こうなったら自分でどうにかするしかない。
先ずは、かかりつけの小児科医に電話。
(イタリアで保険医にかかるときは、先ず決まった子供のホームドクターに診てもらい、そこで薬や病院での検査などを指示されるのです。診察には電話予約が必要。もちろん、緊急時は直接救急病院へいくことも可。)
しかし、診療室にかけてもドクターの携帯にかけても一向に話し中で繋がらない。
この電話番号は、緊急時や、救急病院に行こうとする前の連絡先になっているけど、
1時間半
も電話に出ないんじゃ意味ないでしょ...なんて思ったりして。
具合の悪いKaiを見ながら私は心配が募るばかり。今思えば大げさだけど、もし連絡が取れないのならば救急病院か?とも考えた。
義父に相談しようと電話したが、彼も留守電で出ない。。。

困りながらも定期検診の予約を取る連絡先に電話をかけてみるとドクターの秘書の方が出て、詳細を話したら最初は「Non lo so.(どうしたらいいか分からないわ)」なんて言っていたけど、最終的には連絡をつけてくれ、ドクターから私に電話をくれた。

状況を話すと、先ずは、
冷たい水(氷入りの)をスプーンで少量飲ませ、これを15分おきに与える。嘔吐が治まるまでは水のみ。
そして、PERIDONという子供用の座薬(二歳以上から使用可。吐き気、嘔吐に効く薬)を使うようにとの指示。
ウイルスにかかったのだろう、後で下痢になるかもしれない。嘔吐は、普通24時間で治まるが、もし嘔吐が続くようであれば診察に来るように」とのこと。
意外に診察はなしで電話だけでの対応。...ドクターも良くあることかのように淡々と説明をし、私もそう深刻なことではないんだなと分かって落ち着きました。
この日の夜、ドクターから様子伺いの電話が入り、いつも淡々としている彼女だけど、なんて親切なんだろう~って感謝、感謝です。

ところで、嘔吐の時には冷たい水を与えるんですね...知りませんでした。

早速、薬局でPERIDONを買って与え、Kaiは夕方までひたすら寝続け、目を覚ました頃には吐き気もなく楽になった様子。
すっかり甘えん坊になって、私からべったり離れない。
寝るときは、さんざん抱っこをせがむ。 ・・・カナリ重い。
それから「ねんね、ねんね」と言ってベットに入り、寝入るまで「マーノ、マーノ(手)」と言って手を繋がされる。。。こんなところは、やっぱり二歳児だなぁ...と思う。

ドクターが言っていたように、24時間経って嘔吐は治まりました。元気そうな様子ではあるけど、食欲はイマイチ。
今朝は下痢しちゃったし、体が疲れているのか?いつもよりも睡眠時間が長いし、まだ完全ではないようです。
この辺、体調がどうなのか未だ言葉で表現できないから理解するのが難しいところ。。。


長々と書きましたが、
今回のことでママしっかりしないとね~と思ったのでした。。。

そして、みなさんもウイルス感染に気をつけて下さいね~
もしもの時、嘔吐のあるときは「冷たい水を少量ずつ」水分補給です!


備考
何のウイルスに感染したのか、ネットで調べてみたら「ノロウイルス」の症状にぴったり。
でも、イタリアではコノ名前って知られていないんですよね。
因みに、ノロウイルスの症状とは、

・感染から発病まで1~2日の潜伏期間を経て、嘔吐や下痢、腹痛の症状がでる。38度以上の熱が出ることは少ない。

・通常、症状が出てから24時間程度で症状は治まるが、免疫力のなのない乳幼児や老人は長引くことがある。

[感染経路]
手や食品などを介して、ウイルスが付着したものを口にして感染するのが殆ど。
他に、感染者の嘔吐物や便の処理が適切に行われず、ウイルスを含む残存物が乾燥し、小粒子となって空気中に舞い上がったものを吸い込んで感染するということも。


[予防法]
感染者の嘔吐物や便には大量のウイルスが存在するので扱いに十分気をつける。

・「十分な手洗い」と「消毒」。
トイレの後や食事の前は石鹸でよく手を洗い、温水でよく洗い流す。そして、清潔なタオル、又はペーパータオルで手を拭く。(石けん自体はウイルスを殺す効果はないが、手の脂肪等の汚れを落とすことにより、ウイルスを手指から剥がれやすくする。)

・加熱食品は、十分に火を通す。(85℃以上で1分間以上の加熱)

11月から2月にかけて感染者が最も多いそうです。
このウイルスのことは後になってから知ったので、私も感染していないといいのだけど。。。
症状が治まってからも一週間ほどは便にウイルスが排出されるそうなので、オムツ交換に気をつけないと!
別窓 | ・育児 / La cura dei bambini | COMMENT:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<キャッシュカード (Bancomat) | Sotto il cielo di Milano☆ | Giro giro tondo~>>

この記事のコメント/ Comments

v-22ととちゃんへ
フェデ君もそうだったの?せっかくの日本滞在だったのにかわいそう。。。しかも家族全員なんて、大変だったでしょう。
ネットで調べていたら、やはり家族内で次から次へと感染しちゃったなんていうのも多いみたい。
私は、昨日ちょっと胃が変だったので「もしや?」と思ったけど、違ったようでホッ。もしくは、感染していても私、胃腸が強いので症状が現れなかったのかも?なんてね。

Kaiは、回復したかと思いきや、昨日、私達の夕食中にいきなり吐いちゃって、ビックリしました。
その後、本人は元気でケロッとしていましたけどね。...どうなっているんだろう?
ちょっと食事が心配なんですけど、本人は元気にしています。
ご心配、ありがとうございます~

ととちゃん家も、カゼやウイルスに気をつけて~
2010-11-19 Fri 23:45 | URL | Mitsi #-[ 内容変更] | top↑
Kai君大変だったのね、もうよくなったのかな?
元気だったのに急に吐くとびっくりよね。
フェデも今年春に日本から帰ってきたときに
この症状が出たけど、ノロだったのかな。。
しかも家族全員その後同じ症状。
食中毒だと思っていたけど、Mitsiさんのブログ読んで今そう思いました・・・。
私も子供が具合悪い時、夫に頼ってるし、病院は1人で連れて行ったことがないから(言葉分からないし^^;)
オロオロしちゃうと思う。
イタリア語私も習いに行かなきゃだめかなぁ。
Mitsiさんは大丈夫?お大事にね。
2010-11-18 Thu 18:24 | URL | ととちゃん #.v97Hgq6[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿 / Invia un nuovo commento
 

管理者だけに閲覧 (Invia solo a Mitsi)
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Sotto il cielo di Milano☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。