Sotto il cielo di Milano☆

~ ミラノ の 空 の 下 で ~  伊パパ&私と息子のミラノ生活日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

No.1 ドイツ~デンマークの旅

8月のバカンスに、ミラノからデンンマークまで旅してきました。(車で往復3900km)
ミラノを出発→スイス→ドイツ→デンマーク...最終目的地はコペンハーゲンです。地図とガイドブックを頼りに、お互い行ったことのない町に行くことに~
デンマークまでの行きのホテルは全て事前に予約。帰りの経路は先の日程も長いので、その時点で考えることにしました。
主に高速道路を通って北上~因みに高速道路ですが、
イタリアは日本と同様に各料金所でその都度支払い、 スイスは、1年間有効(33EUR)のステッカーを購入して車に貼り付ける。 オーストリアもステッカーを購入。(6EUR/1週間有効)。
ドイツ、デンマークは無料!そして速度標識が無い限りは速度無制限!!
よって、高速道路はスイスイ行けて楽ちん!高速の乗り降りも簡単なのです。

[日程]  (太字は私達が気に入った町、ベスト5)
・1日目/ ミラノ出発 → San gallen(スイス) → Ulm(ドイツ)泊
・2日目/ Dinkelsbuhl → Rothenburg ob der Tauber → Wurzburg 泊
・3日目/ Fulda → Hameln 泊
・4日目/ Hamburg → Lubeck
・5日目/ Schleswig → Ribe (デンマーク)2泊
・6日目/ レゴランンド  (Ribe泊)
・7日目/ Koldin → Odense 泊
・8日目/ Nyborg → Roskilde 2泊
・9日目/ Kobenhavn (Roskilde泊)
・10日目/ Helsingor → Travemunde(ドイツ)泊
・11日目/ Celle 泊
・12日目/ Goslar → Gladenbach (Marburg近く) 泊
・13日目/ Frankfurt → Heidelberg 泊
・14日目/ Altdorf (スイス) → ミラノ到着。  合計25箇所の町を訪れました。

●1日目 朝6:30に家を出発し、San gallen (スイス北東)に到着。
↓「Stiftskirche」バロック建築の大聖堂。
 この日はスイスの祭日で、広場には沢山の人が集まり何やらフェステ?
San gallen1 San gallen2 
↓中はとてもゴージャスで綺麗そして、天井のフレスコ画がとても素敵!!
 印象に残った教会の一つです。
San gallen4 San gallen3
・大聖堂の裏手には「Stiftsbibliothek」、1758年に建てられた図書館があり、これも見もの!
約10万冊の重要なヨーロッパの古書を保管しています。
古風な木の本棚に壮大な本の数~何となくハリーポッターの一場面を思わせる図書館でした。
・昼食後~オーストリアの高速を15分程通り、ドイツへ入る。
・夕方Ulmに到着。ホテルで休んだ後、夕食に出掛け~早速、ドイツに来たからにはシュニッツェル(カツレツ)を注文!それに加えて2人でグーラッシュのスープ(ビーフシチュー)も。・・・料理が届いてみると、、、その量の多さに圧倒!!183 私は半分食べるのが精一杯でした。

●2日目 Ulm(ドイツ)  観光。
↓ドナウ川の流れる町。この川の向こうに大聖堂や中心街があります。
ulm ulm2
↓川沿いには三角屋根の家が立ち並び、とても可愛い!(レストラン、B&B)
ulm3 ulm4
↓「Munster」というゴシック建築のウルム大聖堂。
 尖塔は高さが161.53メートルで、教会の塔として世界一の高さを誇るそうです。
 バロック建築とは対照的で薄暗く古い感じがまた良い。
ulm5 ulm6
ホテルをチェックアウトし、次の場所へ移動~

Dinkelsbuhl  お昼&観光。
城壁に囲まれた小さな町、徒歩で一周できてしまいそう。カラフルな家が立ち並び、とても可愛い!
Dinkelsbuhl1 Dinkelsbuhl2
その後、↓Romantische Strasse(ロマンティック街道)を通り、ローテンブルクへ~
(FussenからWurzburgまで南北に結ぶ350kmのルートで、街道沿いには古城などが多く残っている)
ひたすら田園風景が続く。。。Dinkelsbuhl4

Rothenburg  ob der Tauber観光。「タウバー川沿いのローテンブルク」という意味。
ここは城壁に囲まれた旧市街。
↓マルクト広場~「マルクト」の意味はマーケットで、中世都市の中心地として栄えた場所。
ここに市庁舎などが集まっています。石畳の道とかわいい家が続く(写真左)~
Rothenburg Rothenburg5
↓ブルク門の外には公園があり、そこからの眺めも最高。
Rothenburg4 Rothenburg6 
~その後、移動~Wurzburgに到着、ホテルへ~

●3日目 Wurzburg 観光。
ロマンティック街道の北の起点で、マイン川のほとりの町。 ↓この橋の先に見えるのがロマネスクの大聖堂。
Wurzburg3 Wurzburg
↓「レジデンツ」大司教の宮殿。18世紀半ばに建てられたドイツ最大の宮殿。(バロック建築) 宮殿内には様々な豪華な部屋があり、とても優雅。
その中でも「階段の間」にある天井のフレスコ画(広さ600平方Mで世界最大)は見事でした!宮殿前と庭園を含め世界遺産に登録されています。
Wurzburg4 Wurzburg7
↓裏にあるホーフ庭園もきれい!!
Wurzburg6 Wurzburg5

Fulda  お昼&観光。
 ドイツの真ん中に位置するフルダ。ドイツもやっと半分たどり着きました。
↓「大聖堂」。18世紀にイタリアのバロック様式教会を手本に改築されたそうです。
 白を基調とし、清楚な感じ。装飾も見事でした。
Fulda Fulda 4
↓大聖堂の隣にある小さな教会も見もの!円状の吹き抜けの祭壇で、とても独特な造り。時代の古さがそのまま残っています。地下には霊安室が。右の写真は、オランジェエリー宮殿とその宮殿庭園。
Fulda 3 Fulda 2  

Hameln  泊 。
グリム童話「ハーメルンの笛吹き男」の舞台の町。この童話は、1284年にこの町で130人もの子供が突然失踪してしまったという、実際に起きた事件がもとで生まれたそうです。
至る所に童話を思わせるものがあります。とても可愛い街並みで、歩いているとおとぎの話の中に入り込んだような感じに~
Hameln Hameln2
↑このレストランの横道は、あの童話のネズミ捕り男が子供達を連れ去ったと言われており、音楽や踊りが禁止されています。

●4日目 Hamburg 昼食&観光。
ドイツもかなり北に来ました!気温もすっかり涼しくて上着が必要。
写真下の通り、天気も晴れていたかと思えば急に雨が降ったり...481北の天気はホント変わりやすいです。 数多くの運河と橋があり「水の都」といった感じ。また、中心街はブランドショップなどがあり都会です。
↓アルスター湖へ続く運河。 ・アルスター湖 を一周する遊覧船に乗り~しかし天気が...
Hamburg2 Hamburg4
市庁舎前には露店が並ぶ。ここで私達はドイツらしく巨大なソーセージ&プリッツェルを食べ、大満足!!
Hamburg Hamburg3

~移動~夕方Lubeckへ到着。
Lubeck 泊 。
私達がとても気に入った町、リューベック。旧市街全体が世界遺産に登録されています。町の中には 大聖堂やたくさんの教会があり興味深い町でした。
↓この「ホルステン門」から旧市街が始まります。童話にでてきそうな風景!↓夜9時過ぎてもまだ明るい。(写真左)
Lubeck Lubeck2
↓川沿いの風景もきれい!散歩をしていて気分がいいです。
Lubeck3 Lubeck4 
すぐ近くはもう海!夕食の為レストランへ~これまでの旅、ずっと肉料理づくしでしたが、ここに来てやっと魚料理を食べました~やはり美味しい!

●5日目 Schleswing 昼食&観光。
昼食をとる為に、たまたま立ち寄った小さな町。ところが、とても可愛い町で穴場です!! 観光客もあまり見かけません。低い三角屋根の家が並び、まるでおもちゃの町のよう。右の写真は、St.Petri(大聖堂)。
Schleswi Schleswi9
↓教会の中はそれほど大きくありませんが、とても独特!木彫りの祭壇が繊細。印象に残った教会の一つです。
Schleswi7 Schleswi8
↓町を歩いていたらこんな標識が~ここからは漁師の町。↓道を進んだ奥には、円状の墓地を一周囲むように家が立ち並んでいます。墓地も花と緑に囲まれ、きれい。
Schleswi3 Schleswi4
途中、↓横目に細道を発見!この先に見えるのは、ひょっとして海??? 興味しんしん行ってみると~海に続く船乗り場が!
Schleswi5 Schleswi6
静かでのんびりとした町~次回は泊まりで行ってみたいです。
ドイツはここで終了~ デンマークの国境(ユトランド半島)はもうすぐ!

ここまでの感想~
ドイツは歴史的教会や建物など、見どころが沢山!各地には川が流れていて自然もあり~街はきれい。 イタリアに比べると、物価が安い。そして人々が親切!レストランに行けば、食事中にお店の人が「料理はどうですか?」と必ず聞きにきます。
...あと、公共のトイレが至る所にある。(...妊婦の私にとっては重要207) 勿論、キレイです。イタリアではありえません。
全体的に、とても暮らしやすい国だと感じました。
夫がドイツ語も話すので、旅も楽でした。彼はお店の人とドイツ語で話し、私とはイタリア語で話すので、周りから見て不思議に見えたのでしょう...(顔もイタリア人ぽっくない)~ドイツ人によく話しかけられていました。
この先、デンマーク語は全く分からないので、少々不安を持ちながらデンマークに向かいました~つづく~


別窓 | ・旅行 / I viaggi | COMMENT:2 | トラックバック:1
∧top | under∨
<<No2.ドイツ~デンマークの旅(デンマーク編) | Sotto il cielo di Milano☆ | Il cinema>>

この記事のコメント/ Comments

写真、沢山撮ったのですが載せきれないです。...記憶の残っているうちに旅の続きをUpしたいと思います。
sayoさんも旦那様と車で旅をしたことがあるのですね~スゴイ!
私は道路標識も読めず、すっかり夫任せの運転でした。あとカーナビが活躍!
ところで、私の日本の運転免許証...眠っています。イタリアで運転するのは今の所ムリっぽいです。
2008-09-10 Wed 09:31 | URL | Mitsi #-[ 内容変更] | top↑
きれいな写真をいっぱいアップしましたね
まさにヨーロッパ。
こんなに長距離移動できる妊婦さんも珍しい?!
元気で何より。

私たちがイギリスからフランス、スイス、イタリア
ドイツを車で旅行してからちょうど20年
この風景が永遠に残っていて欲しいですね。
2008-09-09 Tue 21:58 | URL | sayo #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿 / Invia un nuovo commento
 

管理者だけに閲覧 (Invia solo a Mitsi)
 

この記事のトラックバック

今年6月後半のある日曜日、家族でハーメルンへ出かけた。目的はハーメルンの笛吹き男の野外劇。毎年暖かいシーズンの間だけ毎週日曜日に行われている。車で一路ハーメルンへと向かう。道中の景色はまるで北海道の大自然のようだ。のどかな田園、新緑の森や山々の景色を楽... …
∧top | under∨
| Sotto il cielo di Milano☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。