Sotto il cielo di Milano☆

~ ミラノ の 空 の 下 で ~  伊パパ&私と息子のミラノ生活日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

6歳の誕生日

息子も、早いもので6歳の誕生日を迎えました〜

早速、ケーキ作り。
昨年の5歳までは苺のケーキを作ってきたけど、今年は息子の大好物のチョコレートケーキに決定!
何か彼が喜ぶ楽しいケーキを〜と考え、ピカチュウ&ネームプレートチョコを作成〜
ケーキの間には、生クリームとバナナを挟み、ビターチョコとバナナが良く合って
1_201410290617483c4.jpg

当日、本人が学校から帰ってくる前にセッティング!
たまたまパパが仕事を休んで家にいたので、こんなものを作ってくれた。
海賊の宝探しの如く、プレゼント探し!
「私のクローゼットの何処かに、最も重要な海賊の為の大きな宝が隠されている」と。
5_convert_20141029063621
嬉しそうに探しに行き、発見!中身は何だろう???
6_convert_20141029063646

他に日本から送ってくれたプレゼントも!毎年、姪ちゃんが作ってくれる皆んなのメッセージ入りの色紙は本当に嬉しい!!
誕生日前日には、イタリアのノンナとその友達と日本レストランでお祝いをしてもらい、今週末はノンノにも祝ってもらう予定。
プレゼントの数々〜
3_20141029061751d70.jpg

パパとママからのプレゼントは
7_convert_20141029063709
思っていた通り、大喜び!手の皮が剥けるほど夢中でゲーム〜
・・・喜んでくれたのはいいが、パパと対戦してもママとやっても、本人は負けてばかり・・・
勝負好きで負けず嫌いの息子は負ける度に涙で、怒り始める。。。
6歳とは言えども、未だ未だ子供。
息子に早く成長して欲しいような、このまま無邪気で可愛いままでいて欲しいような、複雑な気持ち。。。

まぁ、ケーキも「わぁー!」と喜んでもらえて、楽しい誕生日となりました〜
2_201410290617489e8.jpg

スポンサーサイト
別窓 | ・息子 6歳 / 6 anni | COMMENT:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

朝の支度

息子が小学校に入り、朝は幼稚園よりも30分早い8時半までに学校に送らなければならない。
場所は、幼稚園よりも更に近くなり徒歩5〜6分だが、息子はいつもギリギリ。
何故なら、朝起きて、食事をして、歯磨きと着替え、これら全ての行動が遅い!
余裕をみて朝早く起こしても結局、遊び始めたり、本を読みながら食べたりして時間が経過。毎朝「早く!、遅れちゃうよ!」と大声で怒鳴らなきゃいけない。こう言われても本人は聞こえないふりで、全く焦らず余裕〜
朝から叱られて、泣く泣く学校までの道のりを走り学校の前でママのお説教。
次の朝は少し反省したかと思いきや、その翌日には忘れて同じことを繰り返す。
朝から怒ってると1日の気分が台無し。

色々と注意の仕方を試してみた結果、うちの子の場合は口で言っても走らせてもダメだな…と判定。

そこで、成功した方法
⒈朝起きたら、先ず台所の椅子に座らせる。

⒉食事の時は食べることに集中。本はあとで。
(支度が終わったら、余った時間で好きなことをして良いということが分かるようにしていく)

⒊食事が終わったら、即!歯磨き。
(時間が空くと遊び出すので注意!)因みに、電動歯ブラシの方が苦ではない様子。

⒋着替え。ここがポイント!
ママと「よーいどん!」どっちが早く着替えられるか競争〜
うちの息子は競争が大好き
IMG_1529_convert_20141021194819.jpg 
はい、パジャマも畳んで身支度完了〜(教えていないのに、自ら畳んでた)
勿論、彼が勝つことになっているので、靴が履けて準備ができた時点で遊ぶことなんて忘れてます。
では、気持ちよく、行ってきます〜

この二日間は成功〜あとどれくらい続くかな?ダメだったら次の作戦を考えなきゃ。
・・・こうやって、常に想像力を働かせているママです。。。

別窓 | ・息子 5歳 / 5 anni | COMMENT:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

イタリアの小学一年生

うちの息子もイタリアの小学一年生になりました。

こちらでは新学期が9月なので日本よりも半年早いピカピカの一年生〜カバンがデカっ!
因みに、小学校は5年間です。
IMG_1398_convert_20141013222337.jpg

一年生とはいえ、月曜日から金曜日の朝8時半〜16時半までとびっち り!
本人はだいぶ疲れてはいるのでしょうが、未だ難しい勉強もしていないし学校生活が新鮮、同じ幼稚園のクラスメイト三人と同じクラスで、今のところ楽しく通っています。

さて、この入学準備、、、初めての私は全く分からず。
学校のホームページには必要な教科書がクラスごとに提示されたが、一体どうやって購入するのか???
当日の持ち物は???
入学説明会なんてご丁寧なものはありません!
まぁ、急がなくても行った初日に説明があるだろうと、とりあえず筆記用具だけ持たせました。。。

初日は、大事な日らしく、皆さん両親揃ってきていましたね。…(うちは相変わらずママだけ。私はこれから何が始まるのかハテナ?でいっぱい)
時間になったら体育館にざわざわっと集まって、Preside(この学校のグループを取り締まる校長)の簡単な挨拶とクラスの発表。
クラスごとに名前が呼ばれ、息子は20人×3クラスのうちのCクラス〜担任の先生は、私が願っていた通り!
Cに因みCoccinella(てんとう虫)のプラカードとメダルのような首飾りをかけてもらって、みんなでざわざわと教室へ移動。日本の入学式と全く違う。。。
IMG_1416_convert_20141013224821.jpg

教室に入り、みんな好きな机の所に座り、要は早いもの順!…結局、これが今の席となっている。(同じ幼稚園だった友達同士が固まって座っているから、授業中もお喋りが絶えない)
それぞれ違う教科を教える2人の担任の先生+補助の先生1人の紹介。
そして、やっと持ち物リストを貰ったわけです。
持ち物は、ノート予備も含め9冊、教科ごとに色を指示されたノートカバー、
IMG_1500_convert_20141020181748.jpg

ペンケースセット(2HB鉛筆、色鉛筆、色ペン、ハサミなどがセットで入っているもの)、ファインダー…etc。
  IMG_1528_convert_20141020181644.jpg
文房具の他、スモックや運動靴、みんなが使う消耗品(トイレットペーパーや手を拭いたり紙ナフキン代わりに使うキッチンペーパー、ティッシュ…)などなど、一度に揃えるのは大変!
私は、既に鉛筆やペンケースは購入済みだったけど指定されたものと違ったり、スモックなんかは既に品薄だったり、みんなが一斉に近所の文房具屋に買いに行くから長蛇の列はできるし…
何故、もっと早く教えてくれないのかな?

ところで教科書は⁉︎
なんの説明もないので他のお母さんに聞いてみたら、バカンス前に注文して購入済みだと!
そんなの知らないーーー‼︎
上に兄妹がいる人は知っていて、その人に聞いたりして情報を得たらしい。。。
今回の持ち物リストのように待たなきゃいけなかったり、待ってたらこんな目に遭ったり…イタリアにて、とにかく情報は自分で聞いて集めなきゃいけない!という心得を忘れていました!←(超苦手)
急いで教科書を文房具屋に注文し、あれこれ一ヶ月以上…やっと1教科だけ届いたけど、他の2教科は未だに届きません!毎週、届いたか1〜2度確認しているけど、いったいいつ届くのか⁇文房具屋でさえも分からないと。不思議なシステムとしか言いようがない〜これがイタリア!
因みに、教科書は一応 文房具屋で買う形になっていますが、学校から渡される書類を持っていけば無料になります。
ところで、教科書はイタリア語と英語、宗教のみ。で、、、他は?
算数の数字は来年から学ぶらしく、今は長い↔︎短い、上↔︎下などの学習だけ。イタリア語の教科書の一部に数字の書き方や簡単な足し算が載っていました。
各4教科共通していることは、とにかく絵を描いて色塗り。
音楽の授業は、今のところCDをかけて歌うのみ。
体育は、簡単な運動で汗をかくほどはやらない。
実際、何をどれくらいやっているかは謎
何故なら…時間割り表というものがないので、息子の話や勉強したノートを見て知るしかないのです。
そのノートだって週末に持って帰るだけ。教科書類は学校に置きっ放し(もう使っているのかどうかさえも謎)
こんなもんだろうか〜?日本の学校の感覚でいると不満不安になる点もあるけど、イタリア式なんだと割り切るしかありませんね〜

別窓 | ・小学校のこと / Le elementari | COMMENT:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

独り言

また独り言が書きたくなって、久し振りにこのブログに戻ってきました〜

Facebookを始めてから そちらばかり。
でも、このブログには、息子の出生前からの記錄が書かれているので、愛着があるし、何よりも自分の記憶を辿るのに役立っている。
気がつけばこのブログを始めてから6年目!今回のように空き期間ができてしまう可能性も大いにあり!ですが、今後も書き残していきたい。

ブログとFacebookは一長一短で、それぞれ違う目的と楽しみがある。
Fecebookは一つのコミュニケーションの場。
一方、ブログは誰が読むかという事を想像することなく、自分の事が自由に書ける。独り言状態でもいい。
それが情報を必要とする人の検索で引っかかったり、興味のある方に読んでもらえる。
私が友達のブログをたまに思い出したかのように見るように、友達が私のブログを開いてくれることがあれば、それも嬉しい。

息子が大きくなって、このブログを見つけて読んだら、本人はどう思うのか?…な〜んて思ったり。あ、それ以前に今までの履歴が消えないことを願う。。。
別窓 | ・未分類 / Eccetera | COMMENT:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Sotto il cielo di Milano☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。