Sotto il cielo di Milano☆

~ ミラノ の 空 の 下 で ~  伊パパ&私と息子のミラノ生活日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

イタリアの税金諸々…

イタリアの税金って本当に高い!特に給料から引かれる所得税などは痛い。
因みに、配偶者の扶養控除(Detrazioni per familiari a carico)を受けるには、税引き前の年収が2.840,51 €以下
所得税は、20%。扶養控除を受けるか、税申告して一旦差し引かれた所得税20%の還付を受けるか選択することができるが、一体どちらが得なのだろうか???
但し、今まで配偶者の扶養控除になっていて2.840,51 €以上働いた場合、この配偶者扶養から抜くことをお忘れなく!!怠ると、数年後に大きな罰金がやってきます!!(経験者…涙)

イタリアで働く際に納めるものはというと、
会社員ではなく、フリーランスや個人取引きで働き、税引き前の年収が5000ユーロ以上の場合は、P.ivaという税務登録番号を取得しなければならない。
これをを取得したら、必ず年金などINPS(社会保障保険公社)へ納める義務が出てくる。その額は、給料の27%
それを差し引いた年収額から所得税(15,000ユーロまでの分23%、15,000~28,000ユーロまで27%、28,000ユーロ以上38%…)が計算されるわけです。
更に、州と市の付加税が合わせて4%程
そうして計算すると、、、手取りは元の給料の約半分!!になってしまうのです。半分が消えるって、ホントため息もの。

因みに、低所得年収5,000ユーロ以内であれば所得税20%を払う。例えば、年収5,000ユーロだとすると手取りは4,000ユーロ。でも、税金申告をすれば、その一旦払われた20%が翌年に戻ってくる。
それに対し、8,000ユーロちょうどの収入だとするとINPSと税、そして税理士に支払う金額を差し引くと手取りは約4,000ユーロ。…5,000ユーロで働いた人と ほぼ同じ手取りに、5,000〜8,000ユーロの収入ではではマイナスに!

しかし、若者向け「Regime dei minimi」という所得税と不課税が合わせて5%!という制度もあるそうです。
条件は、
・35歳以下
・初めてP.iva(個人で働く際に義付けられた税務登録)で働く
・税引き前の年収が30,000ユーロ以下
・以前にその会社で働いていない…など
これに全て該当すれば、INPS以外の税(本来23%以上払うべきもの)がなんと5%‼︎
…(残念ながら、私は先ず年齢で対象外!)
確かに、若者が初めて働き、低い収入の中から半分の税金諸々が引かれると厳しいですよね。この期間も最初の3〜5年とか、決められた年数だけだそうです…。
そもそも給料が高い設定であり、税金による優遇、年金保証もしっかりしていれば こんな不満もありませんが…この不景気なイタリアですからね。。。
この国に住む以上は仕方ないと諦め、頑張って働くしかないか〜
スポンサーサイト
別窓 | ・ミラノ生活 / La vita di Milano | COMMENT:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

七五三

日本は今、七五三シーズンですね。
今年の夏、日本に帰国した時にKaiも七五三のお参りと写真撮影をしてきました〜

ところで七五三は、これらの成長の筋目に無事成長したことを感謝し神社へ参拝し、これからの長寿と幸せをお祈りする行事、でも何故、三、五、七歳に行うのか?今までに考えた事もありませんでしたが、イタリア人に説明するにあたり、私も改めてこの行事の意味や由来を調べ、知りました。
もともとは宮中や公家の行事であった。
当時、乳幼児の死亡率が高く七歳までの子供は神の子とされ、七歳になって初めて社会の一員として認められていた。七五三の行事は三歳の男女ともに髪置き(髪を伸ばし始める)、五歳男子は袴着(初めて袴をつける)、七歳女子は帯解き(帯を使い始める)のお祝いで、明治時代になって現代の七五三として定着したそうです。
11月15日に行われる理由は、この日が二十八宿という暦で鬼宿日(鬼が出歩かない日)にあたり、何事をするにも最良の日であった、とうい説や、
11月は秋の収獲の実りを神に感謝する月であり、満月の日である15日が選ばれたという説があります。

時期は全く違う7月でしたが、Kaiの健康を祈って地元の神社でお参り。
IMG_0844_convert_20131104225807.jpg 

スタジオでの写真撮影は、着物は私が選び、服はKaiが選択。
よって、彼が一番好きな警察の服は、一番良い笑顔をしていました!
20131104231822c49.jpg 
この日、撮影とアルバムにする写真選びで約3時間ほど…
でも、お陰で良い記念となる写真が撮れました〜
別窓 | ・息子 5歳 / 5 anni | COMMENT:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ひらがな

この三連休はパパが仕事で疲れているからって、どこにも出掛けず。。。
でも、Kaiは “じゃあ、しまじろうの本で遊ぼう!”って、カイにとっては学ぶ事が遊び感覚。...若くて純粋な脳が羨ましい限り。

そもそも、カイが文字に興味を持ったのも しまじろうの教材のおかげ。友達に貰ったCDやお古の本を使って しまじろうが好きになり、
そして今年の夏、日本に帰国した時にKaiが楽しそうに しまじろうのサンプルをやっているのを婆ちゃんが見て、数ヶ月だけ購入してくれました。
当初、なぞり書きが苦手でやりたがりませんでしたが、先ず、KUMONの本で鉛筆の持ち方や線の引き方を練習し、それからなぞり書きを始めたら、あっという間に上手になりました!
去年あたりは全く興味がなく心配もしたけれど、こういう時期がくるものなのですね。気長に成長を待つべし〜興味を持ち出すと、覚えるのも早いです。

既にひらがなは、読めるようになったので、今は一人で文字を書く練習中〜でも、未だ自信がないので、お手本の上に紙をおいて、少し透けて見えるようにして書かせるといいようです。(自信をなくすとやりたがらないので)
一人で絵本を読むには未だ濁音&拗音のところでひっかかる。それからカタカナも覚えないと...こう考えると、日本語って覚える事が山ほど!
20131104_092734_resized_convert_20131104201533.jpg 20131104_092623_resized_convert_20131104201503.jpg
今朝Kaiは、目を覚まして一番に“ママー、紙ちょうだい!”と言って、ひらがなを書いていました。彼にとっては覚えることが新鮮なんですね。
そんな様子を見ているとママも教えるのが楽しくなります。

今は、こんな様子ですが、そのうち小学校に行きだしたら勉強を強制され...あんな楽しい時期もあったなぁ〜...と思う日もやってくるのでしょうね。。。
別窓 | ・息子 5歳 / 5 anni | COMMENT:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ハロウィン

Kaiの幼稚園友達の家でハロウィンパーティを行いました〜
イタリアではあまりハロウィンは盛り上がっていないな…と思っていたのですが、こうやってパーティをすることもあるんですね。私も始めて参加しました。
20131102180300066.jpg
みんなの変装は、とっても可愛かったです!特にKaiの彼女!?イレネちゃん。控えめで女の子らしい金髪の子。幼稚園以外で遊ぶ事は少ないけど、彼女もママの前ではKaiの事を彼氏と言っているらしく…微笑ましい限りです。
Kaiは誕生日にプレゼントしてもらった服でドラキュラになりきっていました〜
201311021803024ee.jpg

そして、アパートの各家を回り「Dolcetto o scherzo !」(お菓子かいたずらか)と言って回り、帽子一杯にお菓子を貰って大喜び!突然伺ってもみんな歓迎してくれているような様子で寛大です!
残念ながらお菓子の持ちあわせがなかった家には「Buuu〜!」の冗談。これもまた、子供達は楽しそうでした。
20131102180301764.jpg
これが、日本で突然家の戸を叩きに来たら どんな反応なのかな〜?と思ってしまったり。。。
実は去年、我が家にも子供達が変装をしてお菓子をもらいに来た事があるのですが、私は突然の事で戸を開けていいのか一瞬迷ったりもしました。。。


別窓 | ・息子 5歳 / 5 anni | COMMENT:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Sotto il cielo di Milano☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。