Sotto il cielo di Milano☆

~ ミラノ の 空 の 下 で ~  伊パパ&私と息子のミラノ生活日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

アパートの水漏れ、その三

三度目の正直、これでもう封印したいものです。
また、またアパートの水漏れ
その一(7ヶ月前)
その二(3ヶ月前)

前回(三ヶ月前)の水漏れ跡も未だ塗り替え終わっていないまま、次の問題が発生。
今度は、我家が起こしてしまいました・・・

一度目の水漏れの時、Kaiの部屋の壁にシミができた近辺に また黄色いシミが...
業者の人に見てもらったら、前回の跡だろうと、二度ほどシミ消し用のペンキを塗ってくれたのですが、暫くするとまた黄色く浮き上がってくる。しかも、その下のフローリングの床も膨れ上がってきたかんじ。
・・・私は嫌~な予感がしていたんですよね。

そうこうしているうちに、我家のすぐ下の階の天井(一度目と同じ位置)に水漏れの跡が・・・
前回と同じ業者の人が来て(←もうカナリ顔なじみ)下の階の天上を壊して調べることになりました。
・・・すると・・・
原因は、我家の台所(流し台)の排水管が原因だと判明。 
我家の流し台の床も壊してみたら、排水管が破けてそこから水が放出していました。
結局、流しの反対側にあるKaiの部屋のシミも、それが原因でした。

その壊れた管は、コンクリートで埋められたときに少し潰されていて、そこに負担がかかって何十年もすれば壊れてもおかしくない状態でした。
結局、最初の建てつけが悪いことが原因で、ボロボロと粗が曝け出されてくるんですね。

水漏れも下の階にカナリ流出していたようで...本当に申し訳ない。

それから、、、この修理代がコワイ。。。何故なら、うちは家の保険に入っていないのです。
ちょっと前に夫が「住宅総合保険に入ろう」と言っていたのですが、ずるずると日が経ってしまいました。
思い立ったら、すぐに実行するべき!ですね。
何とか上手くやりくりできることを祈っています。。。

そして、今度こそ もう水漏れ問題が起きませんように~

スポンサーサイト
別窓 | ・未分類 / Eccetera | COMMENT:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

幼稚園8日目

今日でKaiの幼稚園通い8日目~
昨日までは13時で終わりだったけど、今日から大きい子達と一緒で通常時間の15時45分まで。
今日からお昼寝の時間があるけど、果たして環境の違うところで寝れるカナ?

まだ 朝ママと別れるときに泣いている子も見かけられますが(特に週明けの月曜日は多い)、案の定 Kaiは喜んで通っております。トイレも初日だけNGで、もう慣れたようだし。
たくさん遊べるように朝は なるべく早めに家を出て、幼稚園の門の前に来るとKaiは走り出し一人で入園~
私が追いかけるようにして、Kaiの靴を履き替えさせると、もう私には目もくれず教室の中に
まぁ、それだけ幼稚園が楽しいということで私も安心しております...。

相変わらず、私が迎えに行くと帰りたがらず・・・ 
「押してだめなら引いてみろ」と言うように、最近は「じゃぁ、ママ帰るね~」と言って帰る振りをすると、よやく教室から出て私に付いてきます。
先生達もそれが分かっているから「あ、ママ帰っちゃうよ~チャオ~」ってカンジで先生たちともサヨナラ。
一体、いつになったら すんなり帰ってくれるのだろうか...。

早速、クラスのお友達もできました。
彼女の名前はサラ。Kaiよりも年上でKaiの面倒を見てくれているようです。...縦割りクラスって、こういうところが良いですね。
今朝なんて、Kaiに会うなり挨拶のキス、Bacio! そして、Kaiの手を握って教室に入っていきました。
どうやら、彼女に気に入られたようで...先生から聞いたのですが、サラはKaiに抱きついたりもしているようです。。。
イタリアの女の子って積極的ですね~

幼稚園から帰ってきて「今日は、何をしたの?」とKaiに聞くと、必ず「カーズ(おもちゃの車)に乗って遊んだ」と。
そして、朝送っていくときに「今日は何して遊ぶのかな~?」と聞くと、必ず「カーズ!」と答える。それほど車がお気に入りのようです。
毎日どんな風に過ごして、どうお昼を食べて、先生の言うことをちゃんと聞いているのか?とか、ママは興味津々。
まだKaiは上手く説明が出来ないからママの想像も膨らみます。。。一度、子供達の様子を覗いてみたいものです~

別窓 | ・幼稚園のこと / Asilo | COMMENT:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ガルダランド

もう前のことにになりますが、今年の春ガルダランドに行ってきました~ 
(今さら書いてスミマセン)
一度目は、4月初めにパパと三人で。二度目は、5月に私の母と姪がミラノに来たときに5人で...。
名前の通り、ココはガルダ湖の近く。ミラノから車で2時間くらいだったかな。
私は前々から行きたいと思っていて、ようやくパパが平日に休みをとって連れて行ってくれました~
(休日は道路も園内も混むので、平日がオススメです!)
以下の画像は4月と5月分が入り混じっていますが、あしからず...。

入り口からもうすでにワクワク~別世界が広がります。
P1000955.jpg 
                      P1000943.jpg 
園内の目印は、プレッツェモロの木。
P1010116.jpg
木の中には、カワイイ部屋が。そして上へ上ると園内を一望することができます。
P1000971.jpg
実は、私もこういうアミューズメントパークが大好きなんですよね。。。

Kaiが一番好きなのが。 パパも子供の頃一番好きだったそうです。
P1000969.jpg
平日で空いていたから待ち時間もなく、2回続けて乗っちゃいました。
                     終わっても降りたがりません。
P1000973.jpg  
      あの緑の恐竜?みたいなのがここのキャラクター「プレッツェモロ」。
    も欠かせません。同じく、2回連続で乗りました~
P1010126.jpg

レストランに入って昼食を食べていたら、こんなオジさんがやってきて笑わせてくれました~
そして、キュキュと風船で刀を作ってKaiにプレゼント。
      貰った本人は、ちょっと圧倒されていたカンジでしたけど。。。
959.jpg
                ↓小侍?
P1000961.jpg

ファンタジーゾーンは幼児向け、アドベンチャーエネルギーゾーンには大人が楽しめる乗り物があります。
二度目に行ったときは、私も若い姪につられて?20年振りくらいにジェットコースター系に乗りました。夫もそういうの苦手だし...。
パパにKaiを任せて私達は次から次へと~待ち時間がないってステキ~
今年新しくできたRAPTORも乗りましたよ!
そして、うちの77歳の母も!!
私の夫も「冗談だろ」と、驚いていましたっけ。
母曰く、「日本だとで周りに止められて乗せてもらえないから・・・。これが最後の機会と思って、いろいろ乗ってみたい」と、私達の中でも一番楽しそうにしていましたっけ。。。

初回は、SEALIFEのチケットも買っていたので、時間がなくて一部しか回れなかったけど、 二度目は乗りたいもの殆ど制覇して私も満足~もう暫くの間は来なくても大丈夫かな~ってくらいに。

 ガルダランドのMAP。見た目より案外広いです。 
g_convert_20110920045718.jpg

SEALIFEの水族館も見る価値ありです!
P1000991.jpg
ただ、一日で遊園地とSEALIFEをまわるのは、時間的にも体力的にもハードかも。
遊園地とSEALIFEがセットになったお得なチケットというのがあるのですが、一日で両方行かれる方は、それ覚悟で~

・・・こうやって書いているうちに、
このところ涼しくなったことだし、そろそろまたガルダランドに行きたくなってきました~
別窓 | ・未分類 / Eccetera | COMMENT:3 | トラックバック:0
∧top | under∨

日本語とイタリア語

このところ、ぐっと言葉数が増えてきたKai。
気がつけば、イタリア語では3文語を話すようになっていました。(日本語は、未だに単語でしか言えない。)
二ヶ国語を交えて、しかも正しく喋れなかったりで、ママとパパにしか理解できない言葉も多々ですけど・・・。
例えば、
イタリア語で~
 「エリザベッタ」Finestra(フィネストラ=窓)と言たい。何故、エリザベッタになっちゃうのか
 
「イングエ」Sangue(サングエ=血)
 
日本語で ~
 「だぶぶ」   食べる
 「きよんけ」   髪の毛
 「ケパップ」   ケチャップ 
これらは、私達が何度も正しているのですが、どうしても言えないようです 
不可解な言葉は、日伊両方で考えないといけないから、私の頭の中であれこれ単語が走ります。
因みに、パパはKaiの変なイタリア語が理解できるようで ・・・(だから彼は、私のイタリア語も理解できるのかも。

今年の春、私の母と姪っ子が一ヶ月こちらに滞在したとき、Kaiも日本語をたくさん覚えたんですけどね。 
しかし、この夏で断然イタリア語の方を多く喋るようになりました。 
・・・まぁ、それも無理もないかも。 バカンス中はノンナやノンノ達と過ごし、Kaiの耳に入ってくるのは断然イタリア語でしたからね。  私も、パパ以外のイタリア人と一緒の時は、つい日本語を喋ることを遠慮してしまったし…。

Kaiをリグーリアにいるノンナのところに一週間預け、戻ってきた時には、私が日本語で話しかけているにもかかわらず、90%イタリア語で返ってくるようになってしまいました。日本語を聞いて理解はしているけど、喋らない。)  しかも、喋り方がノンナそっくり。

先週から幼稚園に通い始めたので、家に帰ってくると幼稚園での出来事を話すのですが、これもイタリア語で、です。
こちらで住む以上、イタリア語を覚えることが第一であり、喋れるようになったのは親としても嬉しいことなのですが、 日本人の私としては、私とは日本語で喋って欲しいのです。 何故だか、Kaiからイタリア語で話しかけられると一歩置かれた気分。やはり、私達二人は日本語でツウツウの仲でありたい...。

因みに本人は、日伊の言葉があるということは理解していて、
例えば私が「イタリア語でコレは何ていうの?」「じゃぁ、日本語では?」と聞くと、両方答えられる。
意地悪な質問で、「バナナ一本はイタリア語で何と言う?」と聞くと、「Banana(バナーナ)」と答え、 「では、バナナ二本は?」と聞くと、「Banane(バナーネ)」と答えました。イタリア語の単数複数形を使って答えられるとは想像していませんでした。
イタリア語は、名詞に男性と女性名詞があり、複数になるとそれぞれ語尾が変化するのです。(+定冠詞も変化)
こういうのって、子供は教えなくても自然と覚えるものなんですね。
そう言えば、私がイタリア語を勉強し始めた頃、夫に「全ての名詞において、男性名詞か女性名詞か?ということをどうして知っているの?(どうやって覚えたの?)」と質問をしたことがあります。彼は「意識せず、自然と身についていた」と言っていましたっけ。


最近は、何とかKaiに日本語を喋らせようと、私にイタリア語で話しかけたら「え?何?」と分からないふりをして「日本語で何て言うの?」と聞き返してみたり、日本語で同じことを言い返してみたりしています。 ←鬼ママ
例えば、「Voglio Prendere ○○○」って言ったら「○○○を取って欲しいの?」ってカンジに。

急にママの思うように仕向けられ、かわいそうだけど、いつかママの気持ちを分かってくれるといいです。。。
別窓 | ・育児 / La cura dei bambini | COMMENT:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

幼稚園初日

今日は、Kaiにとって初めての幼稚園でした~

いつも朝9時くらいに起きるKaiですが、今日は8時に起こされてベットの中でグズグズ…。
「今日は幼稚園だよ~」と私が言っても、本人は何のことを言っているのか理解できていないようでしたが、何か楽しいところに行くというのだけは分かったみたい。
さっさと出掛ける仕度をして、嬉しそうに私と一緒に家を出ました~
歩きながら幼稚園のことや先生のことをKaiに話し、幼稚園に近づくなり ようやくどこに行くのか理解できたようです。

中に入るなり、早速 目に入ったオモチャの車に乗って遊びだしたKai。~相変わらず車には目がない。
私は それを阻止して靴を履き替えさせると、自分からクラスの中に入って行きました。 何があるの???って顔していましたっけ。
初日は、子供を不安にさせないため親も少しだけ一緒に居られるみたいだけど、私は家の修理(例の水漏れ...未だに終わっていませんでした)の人が来ることになっていたので即退散~
・・・Kaiも私を追わなかったし、大丈夫だろう~・・・と思いながらも心配になるのが母心。

お迎え時間のちょっと前に着いて、門の外から私はなにげに中を覗いて様子伺い。。。
他のママとも「子供は初めてでどんな様子だった?」とか話し、案外 他の子供達も平気だったようだけど、ママ達の心配はみんな同じ。

さて、お迎えに行ってKaiは私を見るなり「ママ~」と言って嬉しそうにお絵かきした紙をみせてくれました。
そして、ふとズボンを見ると今朝履いていたものと違うでは!
・・・初日にしてお漏らししちゃいました。。。
幼稚園では、朝 最初にみんなでトイレに行かせるのですが、先生曰く、Kaiはしたがらなかったそうです。
こればかりは、慣れて覚えるしかないですね。
・・・Kaiは変にデリケートなところがあって、知らないところのトイレを嫌がったり、それにまして、未だ先生にも慣れていませんし。

では、帰ろうとするとKaiはオモチャの車に乗りだし、私が無理やり捕まえて帰ろうとすると、騒いで大泣き!!
朝、ママと離れる時に泣く子はいても、お迎えでママと帰る時に泣く子なんて、彼だけでしょう。。。

今日は、2時間半というあっという間の時間でしたが、Kaiも初日にして楽しめたようです~ 明日も楽しみ。
そして私も、子供やママの名前を覚えなきゃ。。。(話すことに頭いっぱい&緊張気味で、初めて名前を聞いても記憶に残らないことが多々)


別窓 | ・幼稚園のこと / Asilo | COMMENT:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

入園準備

今週からミラノの幼稚園、そして来週からは小学校の新学期が始まります。
子供のいる親にとって6月末から始まった夏休みは、さぞ長かったことでしょう。。。

そして、Kaiもとうとう幼稚園通いです~ (開始日は、新入生を2グループに分け、Kaiは後組みの8日から。)
因みに、イタリアでは入園、入学式というものはありません。

初めて通うにあたり、先週末に説明会があり、クラス分けと担任の先生が発表されました。
Kaiの担任は、以前ココの見学をした時に案内してくれた先生でした~
日本の先生のような若くて優し~いイメージとは違い、子供を甘やかさず、テキパキとしたキャリア豊富そうな先生。
親の私達も色々と念を押され、私もちょっと身が引き締まりました。
…まぁ、Kaiにはこれくらいの先生の方がいいかな。

準備するものについては、
 
・消耗品
 (トイレットペーパー、ティッシュ、キッチンペーパー、ラスティックのコップ×100、液体ソープ、ウエットおしり拭き)

・教材 (色ペン、スティックのり、A4用紙)
a_20110905042844.jpg  
全て共同で使うものとして、です。
まぁ、自分達が使うものは自分達で…という考えは、よくわかりますが、トイレットペーパー等まで持っていくとは・・・意外。
夫が子供の頃は、こういった消耗品の持参はなかったそうですから、国立幼稚園も不景気の波を受けているのですねぇ。
ご覧のように、大荷物での入園です~

・着替え用 (巾着袋、パンツ×2、靴下×2、ズボン、Tシャツなど季節に応じたトップス、ビニール袋) 
a2.jpg

・お昼寝用 (枕、シーツ、上掛け、おねしょシート←必要な子だけ)
a3.jpg
Kaiは、まだ寝る時にオムツが必要なので、お昼寝時だけ使ってもいいのか質問したら、NG。その代わり、おねしょシートを使うようにとのこと。
因みに、「おしゃぶり」はOKだそうです。
まぁ、それ以前に、みんなと一緒にお昼寝ができるかな

それから、上履き。
これら自分のものには全て氏名を記入。
Kaiが喜びそうと思って買っておいた生地で巾着袋と枕カバーを作り、名前も入れて準備OK!

スモックは、この幼稚園では普段、使わないそうです。
・・・何故?使ったほうが服が汚れなくていいのに...って思っていたら、
「子供は、思いっきり遊んで服は必ず汚れますから、覚悟してください。服を汚して帰っても決して怒らないで。汚れるのがイヤならば、高価な服は着せてこないこと。」と、先生。 鋭い。

最初の週は、2時間半、2週目はお昼を食べて13時まで~と、徐々に慣らしていきます。
Kaiは、問題なく すぐに慣れると思いますけど。
・・・だって、前回のオープンデーの時、帰る時に泣いていました。帰りたくなくて。)

これから、幼稚園で いっぱい友達をつくって、とにかくKaiが楽しめるといいです。
私も幼稚園のときの幼なじみは、今でも大切な友達だし。案外、幼稚園頃の記憶は、今でも残っているもの。

そして~
これからママも自由な時間を楽しんでいこう~ 

別窓 | ・幼稚園のこと / Asilo | COMMENT:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Sotto il cielo di Milano☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。