Sotto il cielo di Milano☆

~ ミラノ の 空 の 下 で ~  伊パパ&私と息子のミラノ生活日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

2011 バカンス

8月前半は、変に涼しく、後半は、蒸し暑~い日が続いたミラノ。
9月を目の前にして ようやく暑さが和らぎ、例年並みの気候になりました。
長いバカンスを終えてミラノにも人が戻り、お店も営業、今日から仕事始めという人が多いようです。(うちの夫もそうで、私も普段の主婦生活に戻る。)

さて、私達のバカンスは、義母のいるリグーリア、そして義父のいるトリエステに行ってきました。
今回、リグーリアでは、義母→私の夫というように順番にウイルスにかかっちゃって...
吐き気をもよおすウイルスが流行していて、「体が強いから大丈夫~」なんて思っていた私も、ミラノの家に着くなり吐き気...(それでも未だ車酔いかと思っていた私)
案の定、Kaiには移らなくてヨカッタ。。。

トリエステでは、義父の友達一家と食事をしたり、外食が続きました。
海が一望できるレストランにて~
P1010294_convert_20110829001100.jpg

エビやタコ、イワシなどの前菜の盛り合わせに始まり、ムール貝~
P1010286_convert_20110829001157.jpg P1010287_convert_20110829001237.jpg
その他、スカンピのタリアテッレ、セコンドに、この↓鯛。
              P1010292_convert_20110829001310.jpg 
この丸一匹の魚をかっぷくの良いオジサン(義父の友人)が皆に取り分けてくれました。
男性がこういうのを手際良くやるのって、イイなぁ~って、変なところに感心したり…。

そして、Kaiの方は、、、
な~んにも食べず何をあげても「NO!」 
   「だって、あの魚コワイ...。」  
P1010290_convert_20110829001355.jpg 
あれだけ美味しいものがあったのに、食べたものは、パンを少しとドルチェだけ・・・まぁ、レストランでは毎度のことですけどね。
超食べず嫌いということもあるけど、家以外では他に気を取られて食べることに集中できないようです。

同じ歳のロレンツォ君とミニカーでずっと遊んでいました。。。
k_convert_20110829001721.jpg
この後、義父の友人のモーターボートに乗せてもらって海を周遊したり、
次ぐ日は、ロレンツォ君の家に遊びに行ったり(あれ程オモチャがある家は他に見たことない)、Kaiも楽しみました~。


そして滞在中、お隣の国 スロベニアリュブリャナに行ってきました。
P1010304_convert_20110829002455.jpg

川の先に見えるのは、三本橋。
ピンク色の建物がフランシスコ教会で、ここで義父の両親は結婚式を挙げたそうです。
P1010325_convert_20110829002206.jpg
教会の前は、プレシェーレン広場というスロベニアの有名な作家を名乗った広場があります。

竜の橋の像。この竜は、リュブリャナ市のシンボル。
P1010314_convert_20110829001923.jpg

ケーブルカー(Funicolare)に乗ってリュブリャナ城へ~
P1010317_convert_20110829002005.jpg
お城から旧市街が一望でき、中は博物館などがあり、中庭はカフェテラスになっていました。
P1010319_convert_20110829002055.jpg

街を散歩して~
P1010321_convert_20110829002536.jpg 
         ようやく、おやすみに~   
         P1010329_convert_20110829002616.jpg
普段、ミラノではベビーカーを使っていないけど、さすがに一日中外出するとお疲れ。
              寝ている間に大人たちは・・・
              やっぱ暑い日のビールは美味しい!
                b_convert_20110829002637.jpg

夜は、海辺のレストランで食事~景色が
P1010333_convert_20110829002706.jpg  

・・・・ここでもKaiは、食べようとしません・・・・
      「ママー、おいで~!」 食べることより遊びたい。
P1010339_convert_20110829002818.jpg  


トリエステ滞在中、私達の行動に合わせて連れまわし、Kaiもちょっと疲れたかな?
まぁ、ちゃんと食事しなかったり、お昼寝もナシだったりしたけど、元気でした。
いろんな人と会ったり、出掛けたり、刺激となったことでしょう。。。
P1010303_convert_20110829002736.jpg
ノンノの車がお気に入り~
   「ノンナ、今、運転中だからさ、後でね。」

スポンサーサイト
別窓 | ・旅行 / I viaggi | COMMENT:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

ミシン

昔から服を作ったりすることが好きで、でも就職してからは、そんな気持ちの余裕もなくなり、長いこと私にとって縁のなかったミシン。
でも、ここイタリアに来てから時間に余裕ができたのと、節約心からミシンの必要性が出てきました。
例えば~パンツの裾上げ。
日本だと、お店でパンツを買ったら そこで裾上げをしてくれるけど、ここイタリアでは、そうはいかないのでSartoriaという「仕立て&お直しやさん」に持って行かなくてはなりません。そうすると、7ユーロほど掛かってしまうのです。
新居のカーテンも業者に注文したら高いから、自分で作っちゃいました。

でも、そのミシン、長年使っていない義祖母のお古を使っていたのですが、糸調子が悪く、ちょとした厚地も縫えなくて...苦労しながらも、まぁそれでも何とか騙し騙し縫っていました。

そして、このところ、夫や義母の服を直したり、義父の家のカーテンを頼まれたりとミシン使う機会が多くなり、やっぱり新しいのが必要!ということで、購入しました~!

私が選んだのは、やはり日本のメーカー。工業用ミシンでお馴染みのJUKIです。
さて、どこで売っているのか?
たくさん機種を置いているミシン屋が見当たらない...。
そこで、ミラノ郊外にあるジューキ・イタリアに問い合わせてみると、購入はさておき、色んなミシンを見せてくれるということで、夫(縫製のことなど全く無知)と一緒に見学に行ってきました~
そこでは通常、個人向けの商売はしていないらしい。でも、対応してくれたイタリア人営業マンは、あまり利益にならない客(私達)にさえも とっても親切丁寧に対応してくれました。
私も、当初は機種を検討するだけのつもりだったけど、ミシンの性能はもちろん、営業マンが信頼できる方だったので、迷いなく購入~

小型のわりにパワーは十分!(イタリア向けの機種はこの日本向けの写真と少々違います)
Senza titolo-7

ところで、最近の家庭用ミシンは進化していますね~
一昔前に比べると、操作が楽だし、安価でもそれなりの機能が付いている。
                       (因みに、日本で買った方が安いです)
Senza titolo-4
例えば、
下糸はボビンケース不要&水平釜だから取り付けが楽。下糸の残量が見えて便利。
針の糸通し付き。7枚送り歯、など
それから、保障期間も5年間ですって~。

早速、家のバルコニーの日よけカーテンを作ったり、夫のスーツのズボン(太ってはけなくなった)の巾だしをしたり、今まで縫えなかったジーンズを縫ったりと新しいミシンが大活躍!

ゆくゆくは、この本来自分の得意なことを生かして仕事ができればいいな~と、勝手に妄想しています。。。


別窓 | ・ミラノ生活 / La vita di Milano | COMMENT:6 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Sotto il cielo di Milano☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。