Sotto il cielo di Milano☆

~ ミラノ の 空 の 下 で ~  伊パパ&私と息子のミラノ生活日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

喜ぶ顔...

何でも目新しいもの好きなKai。

先日、私が新しく買ったバックを持って出掛けようとすると、Kaiはそれを身に着けたがって聞かないので、そうだ!と思いついたのが、このバッグ。
以前、夫が仕事先でもらってきた試編み用のニットのポシェット。
この編み方は、ホールガーメントといって、もう出来上がりの形になっているから、あとは編み終わりの糸始末をして、それからバッグのフタ部分を止める為にボタンとループを付けて出来上がり~!
鏡の前で自分の姿を見て、とっても嬉しそう!
b_20110730073759.jpg 
それからというもの、お出掛けする時は、いつもこのバッグが一緒。
Kaiが好きなのは、このバッグだけではなく、出掛ける時は必ず帽子、それから時計サングラスまでしたがり、これらを全て身に着けると、ちょっと変な子供ってカンジ。。。
大人気分になれるんでしょうかね~

そんなにバッグが好きだったら、オモチャとか自分で持ち歩けるような もっと大きいバッグがあるといいな~と思い、昨日、家にあるものを利用して作ってみました~
b1_20110731014748.jpg  
この前、この生地でKaiの枕カバーを作ったのですが、大好きなミッキー柄で大喜び。
その余り布を使い、裏地はあり合わせで作ったという安上がりな巾着リュック。
Kaiは、この出来上がったリュックを見るなり大喜び!そんな喜ぶ顔を見てママも満足~

早速、今日リュックを背負って公園に出掛けてきました。
~ リュック姿は、まるで忍者タートルズみたい。 
P1010274_20110731041913.jpg

リュックの中身は~・・・
この前、ママがメルカートで見つけて買った水てっぽうコレを買った時、
パパに「また、オモチャ買ったのかー」と言われちゃいました。 (勿論、節度を持って買っているつもりですけど…)
ついつい、Kaiの喜ぶ顔を見るのが嬉しくて...。
P1010283.jpg
                         あ~草の上で寝るのって気持ちいい~
                  P1010285.jpg
それから、オモチャのヘリコプター。
↓大きい方は、先日パパが出張帰りに見つけて買ってきたもの。
な~んだ、そういうパパだってKaiに買ってる・・・。
P1010277.jpg
勿論、Kaiは大喜びで、その夜はベットまで持ち込んで一緒に寝ました。


そして、こちらはパパのヘリコプター。
最近、夢中になっているラジコン、大&小。
P1010267.jpg
ついに、あの後 二台目を買っちゃいました。 ・・・この感覚、女の私にはわかりませぬ。

気が付けば、徐々にKaiのオモチャが増えてきていますが、今後も上手く与えていかないと。。。
重要なのは、何でも簡単に手に入るというのではなく、物の有り難さが分かる子に育って欲しいものです。
スポンサーサイト
別窓 | ・育児 / La cura dei bambini | COMMENT:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

トリエステ

リグーリアから帰ってきて、今度は、パパと三人揃って義父が滞在しているトリエステに行って来ました。
...イタリアの西側から東の海へ移動です。

義父はミラノに住んでいるけど、年間バカンスを含め3分の1以上はこちらでで過ごしています。
トリエステは彼の出身地でもあり、ここでの生活は何一つ不自由はないそうな。
...やはり、みんなミラノを離れると気が休まるのですね~。

さて、私がトリエステに来るのは4年ぶり。その頃は、イタリアに来て未だ4ヶ月の頃。
義父の友達やいとことの食事会があって、私はイタリア語が未だ片言しかできず、みんなの会話が分からなくて少々苦痛でしたっけ。。。

今回、Kaiと三人揃っての滞在は、また違う感じでした。
前回に観光はしているし、Kaiもいるので今回は のんびりとしてきました。
街を散歩したり~
 ↓海沿いに見えるのは、ミラマーレ城。

 ↓海の側でアペリティーボ。
1_20110726055533.jpg

 ↓夜のウニタ広場。(Piazza dell' Unita d' Italia )
  市庁舎などが建ち並び、この広場の前は海が広がります。
8.jpg
 
 ↓森を散歩したり~ ・・・このすぐ先はスロベニア。
3_20110726055533.jpg

 ↓まるで公園のように広い庭のあるレストランで食事をしたり~
庭にブランコがあったり、馬がいてKaiも大喜び。…でも恐くて一人では近づけない。
昼食が終わってからも暫くここで遊んでいました~気がつけばPM4時過ぎ。
4_20110726055532.jpg


最終日、義父の友達と夕食をするためにお隣のスロベニアに行って来ました。
トリエステから70キロ程のところにある町。
 ↓山の上には、こんな古い町並みが。...ココにはお城跡とかあるそうです。
6_20110726055547.jpg

食事前にワイン製造所に行って、ワインを試飲して購入したりも~カナリ格安でした!
イタリアから近いけど、お店の人はイタリア語が喋れず・・・
ここで義父のスロベニア語が活躍!・・・4ヶ国語を話す彼って、頭の中でどんな言語変換をしているのだろうか。。。
実は、義父の母親はスロベニア人。(父親はオーストリア人で、義父はオーストリア国籍を選んだ)
因みに、義母の母親はドイツ人、父親がイタリア人。
その間にできたパパと私(純ニッポン人ママ)から生まれたKaiはバラエティーに溢れた血筋なり。

さて、義父の友人宅での夕食会には、私が来るということで、私達と同じ日伊家族を呼んでくれました。
Kaiも歳の近い男の子二人と一緒に遊べ、とても楽しかったようです。・・・子供は皆揃って同じことをしたがり、男の子はやはりわんぱくですね~
でも、私達の食事中、三人でずっと外の自然の中で遊んでいてくれたからママは助かったワ。
この日は、Kaiも夜10時過ぎまで良く遊び、私も楽しい一時が過ごせました~。

スロベニアは、ほんの入り口しか訪れていないので、次回、もっと いろいろ観てみたいです。。。
別窓 | ・旅行 / I viaggi | COMMENT:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

7月のリグーリア

7月の上旬、パパが出張で留守ということもあり、Kaiと二人でノンナのいるリグーリアに行ってきました。
ノンナはミラノに家があるけど、定年を迎えた今は殆どリグーリア生活...それほど過ごしやすく好きなようで。
前回、私抜きでKaiをノンナに預けたとき、Kaiもとても楽しかったようです。。。今回、私も一緒に行ってみてその訳がよーく分かりました。
先ず、ミラノよりも涼しくて過ごしやすいのと、自然がいっぱい!ミラノのような車の害もなく、の~んびり過ごせます。
海を眺めたり、街の中に見られる花や果実、野菜畑、海沿いを走る電車を見ながら歩いたり、教会の鐘があちこちで鳴り響いたり、子供にとって興味をひくものが沢山です。

それから、子供にとって一番楽しいことは、やはり海で遊ぶことでしょうか。
昨年、Kaiが海デビューした時は、海水に足をつけることすら恐がっていましたが、今回は徐々に慣れて、二日目には波打ち際で遊んでいました。

数日後には、私がKaiを抱っこして、肩まで海に浸かって楽しむことができました。


↓やはり、男がリードしなくちゃね。
同じアパートのパオラちゃん(Kaiと同じ歳)に一目会った時から懐いちゃって…
次ぐ日、海で見かけ早速仲良く遊んでいました。
P1010207.jpg

Kaiがノンナのところに喜んで行く理由は、更に
大好きなミニカーは山ほどあるし(行く度に増えている)、何でも自由!
ミラノの我家のように「あれはダメ!これはダメ!」と言われる障害がないこと。
ノンナは何でもKaiのいう事を聞いてくれるから。
食事も行動も全てKai中心で、この家の王子状態。
↓得意そうに部屋から部屋へと三輪車を乗り回しちゃって。。。満足 満足。
P1010204.jpg
ノンナは、一人孫が可愛いくて仕方ないという典型的なお婆ちゃん。大抵の事は大目に見てくれる。でも、悪いことはちゃんと説明して注意するし、物事を教えることも上手。
長年、幼稚園や小中学校の先生をしていただけあるかも。Kaiも不思議と彼女の前だと良い子になれるのです。
いつもKaiを外に連れ出してくれ、タフで明るいノンナ。私も沢山刺激をもらいます。

滞在最終日には、Gonfiabileというエアーで膨らませた遊具がある特設ミニ遊園地に連れて行ってもらいました。
日中は暑さ&子供達は海へ出かけてしまうせいか、このGonfiabileは夜8時半にオープン
子供が夜遅くまで起きて遊んでいていいのか?って思うけど、バカンス中ということでOK!昼間は海へ、夜は遅くまで遊んで、夏のバカンスらしい過ごし方です。
通常、Kaiは夜9時に寝るのですが、その日は特別!早めに夕食を終えて出動~
オープンと共に一番乗り!
P1010214.jpg
他に、大きなお城の形をしたエアーの滑り台もあって、Kaiは前々から遊びたがっていたくせに、いざとなると車に夢中。。。(エアーの滑り台は高さがあるから恐くてNG。)
何台もある車を代わる代わる乗っていました。
↓夢中になって楽しんでいるときは、何故か顔が真剣です。
P1010216.jpg

ココは時間無制限で5ユーロ。
夜10時過ぎになっても子供達はいっぱい~帰る様子が見られません。
Kaiも帰りたがらなくてここから退散させるのは大変かなと思っていたけど、さすがに遊び疲れ&眠くなったようで、その後、ジェラートを食べて帰りました・・・色んな意味で、ミラノでは出来ない体験。~夏のバカンスだけの特典です。

その他、滞在中にちょうど子供のフェスタがあって、その日も夜出かけ、ノンナに夜店でオモチャを買ってもらったり、特設のGonfiabileで遊んだり。。。夏は、子供にとっての楽しみがいっぱいです!

Kaiも毎日たくさん遊んで、たくさん歩いて、夜はベットに連れて行くなりバタンキュゥ~爆睡。
7月始めの一週間、夏のバカンスの始まりを楽しんできました~

別窓 | ・育児 / La cura dei bambini | COMMENT:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Sotto il cielo di Milano☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。