Sotto il cielo di Milano☆

~ ミラノ の 空 の 下 で ~  伊パパ&私と息子のミラノ生活日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

トイレトレーニング、その後

Kaiのトイレトレーニングを始めて2週間が経ちました。
状況の方は・・・
意外にも上手く進んでおります~
トレーニングを始めた日から、家に居る間(寝るとき以外)だけオムツを外してパンツに挑戦!
最初の数日はよく濡らしたものの、今や「おしっこ」もちゃんと伝えることができ、お漏らしも殆んどなくなりました!
トレーニングを始めるのは遅かったけど、今は私の言うこともだいぶ理解できるようになって、Kaiにはちょうど良い時期だったのかも。

そして、私の方もKaiの傾向が分かってきました。
最初は、私も「おしっこ?」と何度も聞いていたけど、どうやらそれは彼にとってイヤらしく、出るとしても「ノー!」と返事するんですよね・・・まぁ、確かにパパがそう言っているのを聞くと私も耳うるさく感じるけど...。
結局、近くに居てさえすれば、自分から「おしっこ」と伝えるから、
いつも近くにいて本人が言うのを聞いてあげられる状況であることが大切。
気を付けなければならないのは、テレビとかに夢中になってしまうと言えない傾向あり。
タイミングを見て上手くトイレに誘うことが必要。「一緒にオシッコしに行こうか!」とか言うと、喜んでついてきます。

ただ、今のKaiの問題は・・・おしっこの回数が多いこと!
通常は30分~1時間おき。
特に食後は多くて15分おき。ひどい時には5分後にまた!ということも多々。最初は、ふざけているのかな?って思ったけど、本当にでるのです。一度に溜められないようで...きっと、おしっこタンクが未発達なのでしょうね。。。
よって、外出の時が考えもの。
イタリアでは、街中でトイレを見つけるのは大変ですからね。駅や公園にはトイレはないし・・・
そう頻繁にトイレに行くことも、我慢させるのも無理でしょう。
体の構造的に、幼児は、未だ膀胱が小さくて尿を溜めておくことができないそうです。そう考えると、やはり今は、場合に応じてオムツとパンツを使い分けるしかないのでしょうか。。。

そんな心配をする中、今日は思い切ってオムツなしで近所の公園で遊んできました~濡れても家から近いから、まぁいっか、と思って。ちょっと試してみたかったのです。
すると、意外にも大丈夫!お漏らししませんでした~

以前の日記で書いたとおり、Kaiは便座派。オマルは使いたがらないのでトイレの隅っこに置いたまま。
それが、今日たまたまKaiの目に入って、ふざけてオマルに座ってみたら、本当にオシッコがでちゃて....本人もアレレ...ってかんじ。
本人の意識なくパンツを履いたまま出ちゃっけど、、、まぁいっか~
それが元で、今まで嫌がっていたオマルも自ら好んで使うようになりました~今や、座ってするのが楽しそう。
因みに、その後処理も自分で便器の中に捨てます。...(汚すから、やっかいなんですけどね。何でも自分でやりたいようで...)
オマルの方が、私の手助けなしで一人で座れるから楽!
オシッコの方は覚えたけど、あとは便秘の解消策を見つけて大の方も一人で出来るようにしなきゃ。。。

まぁ、何事も失敗しながら覚えていくものなんですね。
少しずつ、Kaiも(ママも)学んでいっています~
スポンサーサイト
別窓 | ・育児 / La cura dei bambini | COMMENT:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

イタリア語

今週で週一回通っていたイタリア語の学校が終了!
終わって内心、気持ちは
どれだけ、上達したかとというと... 難しかったな~

でも、託児所付きの学校は本当に有り難かったです。
しかも、これがボランティアで成り立っているなんて、ほんと感謝、感謝です!
託児所の方々もとても明るく親切。子供も少なかったから、ほぼ一対一状態で面倒を見てもらったりして、Kaiも大喜び!
授業中、Kaiが大声ではしゃぐ声が聞こえてきたり、授業が終わって私が迎えに行っても帰りたがらなかったくらいだから...。
私は、また秋からイタリア語コースを続けるつもりだけど、Kaiは幼稚園が始まるので もうあの託児所に行けないのが残念です。
あっという間の7ヶ月間、私もKaiも良い時間を過ごさせてもらいました~


ここで(上の文とは全く関係ない)、
目に留まった「茨木のり子」さんの詩を書き込みます。
------------------------------------------------------
自分の感受性くらい

ぱさぱさに乾いてゆく心を人のせいにするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを友人のせいにするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを近親のせいにするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかけるのを暮らしのせいにするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を時代のせいにするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい自分で守れ
ばかものよ
----------------------------------------茨木のり子(1977年)

(備考: かつて戦争で生活から芸術、娯楽が消えていったときに彼女が胸中で思っていたことをうたいあげた詩だそうです。)
読むとなんだか自分に喝が入るかんじ。

そして、これをイタリア語に訳してみると、こうなりました。
(原文とは多少表現の違いがありますが、あしからず)
-----------------------------------------------------------------------
 La tua sensibilita' da sola

Non incolpare gli altri per il cuore che si inaridisce!
Perche'non sei riuscita a dare l’acqua a te stessa.

Non incolpare gli amici per essere diventata una persona troppo esigente!
Chi ha perso la flessibilita' ? Tu o loro?

Non incolpare la famiglia della tua rabbia!
Sei tu che non sei riuscita a fare andare bene le cose.

Non incolpare la vita per dimenticare il tuo proposito iniziare!
Dopo tutto hai sempre avuto una volonta' debole.

Non incolpare il tempo per ogni cosa, se lo farai oscurerai ogni tua luce!

Proteggi la tua sensibilita' da sola!
Su, con la vita!
------------------------------------------------Noriko Ibaragi (1977)

(ha scritto quello che aveva nel suo cuore quando dopo guerra erano scomparsi l'arte, il divertimento e il piacere della vita.)

詩を翻訳するのって、難しいですね!!
微妙なニュアンスとか、同じように表現できなくて、原文の良さが消えちゃう。
…せっかく訳したので、書き残しておこうと思ってココに書き込んでみました。。。
別窓 | ・未分類 / Eccetera | COMMENT:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

トイレトレーニング

ようやく、Kaiのトイレトレーニングを始めました~
実は、オマル自体は昨年末から用意してあったものの、Kaiはそれに座って遊ぶだけ。朝晩二回だけでもと思ってオマルに連れて行くうちに、次第とオマルを嫌がるように... そうして、一時は断念。

しかし、今や2歳半になり、4ヵ月後には幼稚園も始まるから本格的に始めなくちゃ!
そこで、考えたのは、大人と同じように便器に座らせたら興味をもつのでは?と、便座タイプを購入してみました。
トイレグッズ・・・オマル、日本のトイレトレーニング本、補助便座(一応、ペンギンの形)
P1010137.jpg

さて、実際にトレーニングを始めた初日。
朝起きて、便器に座らせてみると、嬉しそう。この便座に座るのは好きみたい。
暫く待ってみたけど、オシッコは出ず。
大好きな「カーズのパンツを履く?」とKaiに聞くと、喜んで履いていました。
しかーし、その30分後には、、、びっちょり お漏らし
まぁ、最初は濡れるの覚悟です。
その不快感が分かり、トイレでしたいという気持にさせることが肝心!
今度は、事前に教えてね~

そして、二日目の今日。
昼食後、便意を感じているようだったので、便器に座らせること1時間!便座に座ってでは便意を感じられず、いくら待ってもできない様子。(Kaiは便秘症で、いつも排便に苦しみ、時間がかかるのです。)
確かに、小児科の先生からウンチをする時は、オマルを使って床に足をつけ踏ん張れるようにしなければいけないと言われました。・・・でも、Kaiはオマルを嫌がるので仕方ない。
この一時間座っている間、オシッコが出た時には「あー」と言って嬉しそう。私も大褒め~。
2年前に日本で買っておいたトイレトレーニング本も活躍~何度読みせがまれたことか...。
結局、私がKaiを持ち上げ、ウンチングスタイルをつくってあげて排便完了!
・・・何とか改善してあげたい、この私譲りの便秘症。

その後、パンツで過ごし、お漏らししちゃった直後に「おしっこ!」と私に言い
2度目は、私がくどくどと注意したら、ふてくされ気味に...最近、気に入らないことがあると口を尖らせるんですよね。
・・・育児本では、「あまり子供にプレッシャーを与えてはいけない」と言いますが、その場になると なかなか難しいもの。
でも、3度目は「おしっこ!」と出る前に教えてくれ、便座に座らせると、シャーっとちゃんと出来ました~ 本人も大喜び!その後もおしっこ成功!
二日目にして初トイレを経験~

トイレトレーニングは根気と時間&ママの冷静さが必要!ですね。
明日も頑張ります~
別窓 | ・育児 / La cura dei bambini | COMMENT:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ドイツ旅行

パスクワの休みにドイツの南を旅行してきました~
実は今、私の母と姪がミラノに来ていて、Kaiを義母に預けて4人で3泊4日、車で往復900kmの旅でした。

●一日目
ミラノを出発し、途中 スイスのチューリッヒに立ち寄って昼食を食べ、
 夕方 Empfingenにのホテルに到着。
germania.jpg

ここは、小さな田舎町。
P1010039.jpg

一体どこまで道が続くのだろう?あの木の所まで歩いて行ってみよう!
                       
P1010035.jpg

木の下では老夫婦が座って休憩していました。そんな老後生活もいいな、と思ったり...。
P1010038.jpg
行ってみると、この先もずーっと道が繋がっているのでした。壮大だな~

●二日目
Stuttgart(シュツットガルト)のWilhelma動物園。
P1010052.jpg
動物園だけでなく、庭園も見どころ!今がベストシーズンです。
P1010060.jpg
            まるで人間の親子のよう
P1010065.jpg
園内は、思っていた以上に広くて、全て見切れないほど。
見て回りながら、Kaiがいたら喜んでいただろうになぁ...とも思ったり。

本当は、ここStuttagartに来た一番の目的は、夫がメルセデス・ベンツ・ミュージアムに行きたかったから。
でも、私達の為にちょっと寄ってくれた動物園に意外と時間を割いてしまい、時間&体力的にもNG。次回には必ず行こう!
その後、Stuttagartの中心街を見て歩き、車でGoppingenまで移動して一泊。

●三日目は、Augsburg(アウグスブルク)へ
ペルラッハ塔とルネッサンス様式の市庁舎。中には黄金のホールが。
P1010071.jpg

・市庁舎広場にあるアウグストゥス噴水(Augustusbrunnen)
アウグスブルクのシンボルであり、ルネッサンス期の3大噴水の中で一番古いそうです。
P1010073.jpg

聖母マリア”の大聖堂(Dom Mariä Heimsuchung)
P1010075.jpg
大聖堂の中は、ロマネスク・ゴシック様式のフレスコ画やドーム型丸天井、ハンス・ホルベインの4枚の祭壇画が美しく、
特に「預言者の窓」が有名で、ドイツで最も古いステンドグラス絵だそうです。
しかーし、この日はパスクワでミサをやっていた為、残念ながら私達は入り口のところまでしか入れませんでした。
P1010078.jpg
P1010079.jpg

フッガーライ(Fuggerei)
世界で最も古い社会住宅。
1521年、
アウグスブルクに住む低所得者の為に建てられたもの。
ここには今も住民が住んでおり、一年間の家賃は、昔と変わらず約0.88ユーロのまま!
300年前には、モーツァルトの祖父もここに住んでいたそうです。
   玄関ベルの取っ手が各家違った形をしている。
P1010094.jpg
その昔、街灯がなかった時代に夜暗い中で家に帰ってきても、玄関ベルの形を手で触れば自分の家が分かるようになっていたそうです。

観光地になっているのに、そんな中で普通に住民が住んでいるということが、ちょっと不思議な感覚でした。

・アウグスブルク市内は、こんなカンジで綺麗~
P1010105.jpg

最終日のホテルもちょっと離れた田舎町で。
P1010108.jpg
やはり、自然に囲まれた静かな街が好きな私達。

実は、この旅行は私達の結婚4周年記念旅行でもあったのでした。
今回、母達とも一緒に旅行ができて良い機会となりました~

因みに、Kaiもノンナとリグーリアで楽しく過ごせたようで。。。

別窓 | ・旅行 / I viaggi | COMMENT:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Sotto il cielo di Milano☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。