Sotto il cielo di Milano☆

~ ミラノ の 空 の 下 で ~  伊パパ&私と息子のミラノ生活日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

今年一年

もうすぐクリスマス~
我が家のサンタクロースは、プレゼントの準備もバッチリです!
今日は一足早くこれから我が家で義父達とお祝い。
そして24日からのクリスマス休暇は、リグーリアで義母と一緒に過ごす予定です~
また大食いな日々がやってくるワ。。。

今年一年、ホントあっという間でした!毎年毎年一年が早く感じます。
この一年でKaiもみるみる成長し、今や家の中ではウルサイくらい良く喋べり(Kai語)、我が家も賑やか。
ご近所さんにも会うたびに言われちゃうぐらい超やんちゃだけど、元気に育って我が家に笑いをもたらしてくれていることに感謝です。

ぷかん(=みかん)大好き!今日はこれで6個目~
バーボ(=Babbo Natale)
 サンタさん、プレゼントはダンボール詰めのみかんでお願いします~
P1000798.jpg

その反面、私にとってはどんな年だったかというと・・・
育児のことばかりで視野が狭くなっていたカナ。
こうしたいという気持ちはあっても実際には思うようにいかなくて、ジレンマに陥いることも多々。
まぁ、尻も重かったなぁ...。
来年はフットワークを軽く、自分を動かしていこう!楽しんでいこう~

今年一年、Kaiの成長を見守っていただき、ありがとうございました!
皆さまも楽しいクリスマス、そして良いお年をお迎えください~
  Buone Feste! 
スポンサーサイト
別窓 | ・未分類 / Eccetera | COMMENT:5 | トラックバック:0
∧top | under∨

今日は雪~

今日のミラノは雪~
寒いハズだけど、あまりそう感じないのは、先週のDolomitiで-6度を体験してきたせいかな?
Kaiにとっては今シーズン初めて見る雪で、嬉しそうに雪の上を歩いていました~

朝から降り続き、今現在も降っているけど、とても細かい雪なので、どれだけ積もるかな?
P1000779.jpg

こんな天気の中、今日はTempo per le famiglieに行って来ました。
新しい遊び場、トウモロコシの粉がしかれた砂場ができていて、早速Kaiもお遊び開始。
P1000774.jpg

そして、今日はクリスマスのフェスタで、みんなでケーキやフォカッチャなどを持ち寄ってパーティ。
最後には子供達へのSorpresa(驚き)で、ある部屋に入ると、山ほどのプレゼントがばらまかれていました~
大きい包みから小さい包みまで、みんな一斉に開け、ワイワイ。
これらは、みんなのオモチャとしてこの施設に追加され、更に た~くさんのオモチャが増えて楽しく遊べることでしょう~

別窓 | ・ミラノ生活 / La vita di Milano | COMMENT:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

ママへの発信。

私達がスキーに行くため、リグーリアでノンナと10日間を過ごしたKai。
ノンナに迎えに来てもらって我家を出発するとき、私に「チャオ チャオ~」って言って嬉しそうに家を出て行った。

旅行中も毎日Kaiと携帯で話したり、家に居るときはスカイプのビデオ通話をしたりして、特に寂しがるということもなく、いつもと変わらない様子でした。・・・(パパ&ママの方がよっぽど画面にしがみついていたっけ。
ノンナもKaiのことを「とっても良い子にしているし、楽しく過ごしてるから心配はいらないわよ。」なんて言っていた。
話で聞くと、むしろ私といるときよりも良い子にしているみたい。 (いつも私といる方がワガママっ子になるのは何故???)
ノンナの居る所は、海沿いだし環境もいいので、毎日いろんな所に連れて行ってもらいKaiも楽しめたことでしょう~
そのおかげで私達も安心して旅行ができました。

さて、Kaiがミラノに戻ってくる日、
私はKaiの顔を見るのが楽しみ。会ったらどんな様子を見せるかな?
ノンナの車で到着するなり、私はアパートの下まで迎えに行くと、、、
なんと、私よりもノンナの車に興味を示しまた乗りたがっているでは

こうやって、ごく普通に帰ってきたのでした~
でも、その日は家の中で超ご機嫌&ハイテンション!
...やっぱり、家に帰ってきて嬉しかったんですね~

しかーし、その次の日からKaiのワガママ&甘えん坊が始まったのでした。。。
洋服を着るのも「ノー!」、外に出掛けようと言っても「ノー!ノー!
家でも外でも床に寝転んで駄々をこねる。
私もあきれて放っておくと、今度は「ママー!」って泣きながら私にしがみついてくる。
その他にも、わざと私を困らせようとする。
こうやって、近頃にない態度をとるようになったのです。

これって、私の気を引こうと試しているのでしょうか?
何とも思っていないように見えて、パパ&ママがいなくて寂しかったのかな?
子供って、実はとっても繊細なんですね。
Kaiは楽天的な子だと思っていたけど、気難しいところもあるようで...(両親に似たのか??? 笑。)
私も分かっているようで未だ分かっていないところがある。

当初は10日間も預けるつもりはなかったのですが、ノンナはKaiと居るのが嬉しいので
「6日間では短かすぎるわ。10日間くらい大丈夫!絶対、ノンナと楽しく過ごすわよ!」って言うもんで...。
子供の気持ち、そう簡単に心の奥底までは分からないものですね。

これもママへの気持ちの発信と考え、落ち着くまで温かい目で見守ろうと思います。。。
別窓 | ・育児 / La cura dei bambini | COMMENT:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

Dolomiti 「2010年版」

今年もサンタンブロージョの連休を利用して5泊6日でDolomitiに行ってきました~

昨年は、Kaiと一緒にパパのスキーを眺めていましたが今回は私もスキーをすることに。
よって、Kaiをリグーリアに居るノンナに預けることにしました。
Kaiは初めて一人でお泊り。しかも10日間も。
まぁ普段、私と離れても全く大丈夫なので あまり心配はしていなかったけど、その通り、ノンナと楽しく過ごしていたようです。...全くママがいなくても大丈夫、っていうのも内心寂しい...。
その反面、ママの方はいざ賑やかな子がいなくなってみると寂しい~!
子供部屋がし~ん、食事中も、車の中もし~ん。なんだか静かすぎて物足りない。


さて、今年のDolomiti。
昔、夫が来ていた頃の12月初旬は殆ど雪がなかったらしく、今年は雪があるか心配でしたが、この標高1200mの地域に近づくと雪は深々と~
滞在中雨が降らないことを祈りつつ、4日間のスキーパスを購入、そして スキーをレンタル。

スキー初日は雪、気温は-2度~0度。 (夕方は-5度)
寒いけど雪はさらさら~で滑りやすそう。

...と、いかにも私 スキーヤーのようですが、、、
スキーをするのは20年ぶりなんです!...ちゃんと滑れるか心配。。。

早速、初日、ちびっ子ゲレンデで滑ってみると、思いのほかに滑れる!
きっと、これはゲレンデの雪がサラサで良い状態だから。
夫に教えてもらいながら体を慣らし、おだてられつつ、一度滑っただけですぐにリフトで山頂へ~(連れて行かれた)

滞在中の天気は、初日と2日目は雪&霧で真っ白。
3日目の気温は4度まで上がり、雨が降ってスキーはNG。
この雨で雪もだいぶ溶けてしまいましたが、4日目の朝 突然 吹雪となり、その後、私達がゲレンデに着く頃には太陽が顔を出しました! ...山の天気はホント変わりやすい。
この日は、夫曰く、今までにない最高の雪質だったそうです。(←いつも大げさだけど、確かに滑りやすかった。)


リフトを二つ乗り継いで2100mの所に到着。 左下に見える建物は教会とロッジ。
P1000766.jpg

ここではゲレンデの難度は高い順にと色で示されている。
青といっても急斜面もあり、私はヒヤヒヤ。下まで降りるのに赤も通過しなきゃいけなかったりもして...でも度胸で滑っちゃえば何とかなるもの。...やっぱ、雪質が良いせい。

急斜面は滑るのに必死だけど、緩やかな斜面は景色を見ながら気持ち良い~
午前中は人もいないし我が世界。自分はスキーが上手いと錯覚さえもする。
調子に乗って滑っていると、人がいなくてゲレンデコース外に出ちゃいそう。。。
P1000752.jpg
ゲレンデも広~く、長~い
Dolomitiの山は壮大で、主要リフトは全部で200、ゲレンデの総距離は500km。
町から町へとリフトやゴンドラが繋がっているので、地域共通のスキーパスで広範囲にわたって楽しめるのです。
(私達は、ほんの一部の場所しかいませんでしたが。)

20年目前の私の知っている日本と比べると、こちらのスキーヤーは、
・大人から子供までみんな上手。・・・(ボーゲンで滑っているのはスキースクールを受けている子供ぐらい。)
・若者グループを見かけない。・・・(若者は親と家族で来ている)
・スノーボードをしている人が少ない。・・・(昔は、やはりスノボが流行っていたそうな)
・80%の人がヘルメットを着用。・・・(日本ではあまり見かけなかったので、ココで目に付いた。実際、ヘルメットの必要性あり。義母は不着用で転び、頭を打って入院したことがあるそうな。)


私達が一緒にココに来るのも3回目。
夫は小さい頃から毎年ここに来ていたらしく、私は3年前の夏に連れてきてもらって以来大好きになりました。
ここに来ると、イタリアから出て他の国に来た気分になるんですよね。
壮大な自然の景色は勿論、町や建物はキレイ、人は温和で親切。
ホテルやスキー場のロッジの人も、私達のことを覚えていてくれて歓迎してくれたのもウレシイ。やっぱココは居心地良い~。

この地域のお隣はもうオーストリア。
住民の間ではラディン語が使われ、その他、イタリア語とドイツ語を話す。
町の雰囲気や食べ物までもがオーストリアの影響を受けて、食事も楽しみ!
スキー場のロッジでのお昼。ミネストローネWithソーセージ。          
1_20101215022343.jpg

寒い日には、温かいドルチェ達が美味しい~
コケモモジャムが入ったフカフカ~なパンにカスタードクリームがかかっている。
アツアツです!これが甘過ぎなく美味しい!! 
本場、オーストリアのものはカスタードではなくバターソースがかかっていて、更に美味しいそうな これらのドルチェを食べにウイーンに行きたくなってきた。。。
因みに この大きさ、しっかり一食分(主食として)の量があるので、覚悟!
771.jpg

昨年も同じレストランで同じもの食べたっけ。
野生の加工肉(カモとガチョウの燻製、鹿、ブレザオラ...など)
P1000742.jpg

夕食は、ホテルにて~毎日フルコース、常に肉料理がメインで満腹。(↓アンティパスト)
P1000733.jpg P1000719.jpg
昨年は、Kaiと一緒で賑やかだったなぁ~なんて、思い出したりもして。。。

スキーをしている子供を見るとKaiもあんな風に滑るようになるのだろうかぁ~?と想像しちゃいました。
今度、一緒にスキーに来るのが楽しみ。
念のため、レンタルスキー店の人に何歳くらいからスキーができるか聞いてみたら、3歳位からだそうです。2歳半で始めた子もいたそうな。
さて、来年はKaiと一緒に来れるかな~
別窓 | ・旅行 / I viaggi | COMMENT:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

言葉の理解力

2歳と一ヶ月のKai。最近、益々おしゃべりになってきました。(...一単語での表現だけど。)
そして何でも人の真似をしたがる。
最近のパパの呼び名は「パピー!」...ノンナがパパのことをパピーって(ふざけて)呼んでいたらKaiもすっかりこう呼ぶようになりました。
突然出てくる言葉や素振りで私達を笑わせ、カナリお調子者に育っております~

Kaiは私達の喋っていることを どれくらい理解しているのか?
まだ一部の言葉しか分かっていないだろう~と私は思っていました。
が、、、
今日、ノンナがKaiに
「口はどこにある?」「鼻はどこ?」「目はどこ?」「耳はどこ?」「髪はどこ?」「お腹はどこ?」...って一つ一つ質問したのです。勿論イタリア語で。
すると、、、
自分の口、鼻、目、耳、髪、お腹、の部分を次々と指差すでは!!
私は日本語で口、目、耳などを教えてはいたけど、イタリア語もちゃんと覚えていたとは。
...というか、イタリア語の方が理解しているかのようにも見え、ビックリ!
いつの間に覚えたんだろう?
子供の言葉の吸収力ってすごいなぁ~親の知らないところでも自然と身につけていくものなんですね。。。
まだ分からないだろぅなんて内心思いながら喋っていることもありましたが、これからもっと意識しなきゃ...と思ったのでした~


別窓 | ・育児 / La cura dei bambini | COMMENT:5 | トラックバック:0
∧top | under∨

師走

あっという間に12月に入りました~
クリスマスまであと24日!
店頭にはクリスマス商品がずらっと並び、プレゼント用のオモチャもスーパーにたくさん出ているからKaiを連れて買い物をするのも大変。オモチャを「見たい&触りたい&遊びたい」で騒ぎまくっちゃって 
でも、こういうクリスマスの雰囲気は誰もがワクワクしますよね~。

さて、今日のミラノは午前中は雪、そして今は雨...。
気温は4度ほど。寒くて外に出る気にはなりません。。。最近、悪天候な日が多く、公園に行くこともめっきり少なくなりました。

こんな日、Kaiは一日中家の中で遊んでいるわけですが、案の定、彼のお気に入りのオモチャで黙々と遊んでおります。
誕生日プレゼントでもらったオモチャ達。
これは、日本のZiaからもらったLEGO 『トイ・ストーリー』 。(Kaiにとっての呼び名は「チュッチュー」)
電車好きのKai。これを目にした時の彼の喜びようったら。。。
まだ組み立てることは上手く出来ないけど、機関車にウッディやバズを乗せて走らせたりして遊んでいます。
...あ、それから私が組み立てたものを崩すことも得意。
P1000705.jpg

そして、ノンナからのプレゼント。
貰って暫くの間はこれに夢中で、寝起きから「ブルンブルン~」って言って遊びたがり、外にも出かけたがらなかったくらい。
・・・線路に電車、そして働く車たち、F1、スペースシャトル...etc。
P1000698.jpg

私も「チュッチュー」と「ブルンブルン」の遊びに付き合わされる毎日。少しは一人で遊んでくれるとママも楽なんだけどね。。。まぁ、お付き合い。
こういう遊び、子供って飽きないんですね~ずっと電車や車を走らせて、やっぱ男の子だな~って思う。

気がつけば、こういったオモチャや縫いぐるみが増えてきて、でも「あれも、これも欲しい」ってならないように物の大切さが分かる子に育ってくれるといいのだけど...。

唯一、Kaiの良い習慣となっているのは、一つのオモチャで遊び終わったら必ず片付け、それから次のオモチャを出すこと。「しまう」ということは、案外簡単に覚えた。
私もオモチャなどは全て戸棚に仕舞うようにしているので、Kaiもそれを分かって「戸棚に入れて」と「取って」ということを伝えるようになった。

レゴを箱の中に仕舞うときは、全てバラバラにしてからじゃないと気が済まない...変に几帳面なところがあるのはパパに似たのかな?or 私か。?
-----あ、パパは使ったら出しっ放しな人だったワ。

さて、Kaiへのクリスマスのプレゼントは何にしようかな~? 


別窓 | ・ミラノ生活 / La vita di Milano | COMMENT:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Sotto il cielo di Milano☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。