Sotto il cielo di Milano☆

~ ミラノ の 空 の 下 で ~  伊パパ&私と息子のミラノ生活日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

結婚記念日に~

結婚記念日の昨日、義母の親友から思わぬプレゼントがありました~

IMG_1496.jpg

この赤いバラとカスミソウには意味があって、
それは・・・
 
   私達の結婚式当日のブーケ→A118.jpg

そう、彼女はこの花を覚えていてプレゼントしてくれたのです!
そして三本、というのは3周年ということで。。。
こんな心遣い、本当に嬉しいものです。
私もこんな喜びを人へ~いつか真似してみたいな。。。


スポンサーサイト
別窓 | ・ミラノ生活 / La vita di Milano | COMMENT:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

結婚3周年記念 「Anniversario del nostro matrimonio」

今日4月27日は私達の三回目の結婚記念日です。
そう、私もココに住んでもう三年が経つのです!
この三年間で沢山の幸せを知りました。
でも、正直言って一方では月日が経つたびに色んなジレンマも増えてくるもの
私にとってこの結婚記念日は、イタリアに来たときの気持ち、原点に戻って考えさせられる日でもあります。

さて、私達の結婚記念ということで先週の日曜日、義母が食事会を催してくれました。
招待したのは、夫の幼馴染みである親友のマルコと彼の両親と兄、それからマルコの彼女と私達を含めて合計8人。
義母もこんな沢山の人数分の料理を作るのも大変だったと思います。
ホント感謝、感謝です。将来、私もこんなおもてなしができるだろうか。。。?
義母のメニュー。
・フンギのパイ                
1_20100427223336.jpg
・小エビのカクテル
2_20100427223336.jpg
・スカンピ(手長エビ)のパスタ。(フォイル焼き)
3_20100427223336.jpg
・ポルペットーネ
4_20100427223336.jpg
ドルチェには、彼らが持ってきてくれたジェラートを食べてお腹いっぱいに!
そして最後はカフェとリキュール。
12時半から始まって、食べ終わったのは4時でした。。。

その間、Kaiは何をしていたかというと・・・
マルコの両親からプレゼントしてもらったラジコン(未だ電池なし)で、大人しく遊んでいました~
IMG_1454.jpg

それから、
 ・
 ・
 ・
時にはこんな状態にDVDの山・・・でも、Kaiにメロメロなノンナは怒りません。
IMG_1449.jpg
そして、やっぱKaiは男の子ですね。
マルコの彼女の膝の上がお気に入り。すっかりご満悦状態。
IMG_1459.jpg
Kaiはみんながいて嬉しくて、お昼寝もせずに長い時間頑張りました。
...さぞかし疲れたことでしょう。この日の夕食は、口は動かしながらも眠っていましたっけ。


そして結婚記念日の今日、義母にKaiを預けて二人で食事に出かける予定です。
今や二人でレストランに行くなんて年に一度のこと。静かに食事を楽しんできます~
別窓 | ・ミラノ生活 / La vita di Milano | COMMENT:7 | トラックバック:0
∧top | under∨

ピサの斜塔?「Torre di Pisa?」

私が最も忙しい時間。
それは、午前中公園から帰ってきて、Kaiの食事を作るまでの間。
ついつい公園で遊んでいると帰ってくるのが12時を過ぎてしまって、お昼が遅くなってしまうんですよね。
Kaiは遊びつかれて眠いし、お腹が空いて最高に機嫌が悪い。私も早くご飯の支度をしなきゃならない。
今日は、その間Kaiは浴室に入り込み、洗濯機の中の物を出し入れして遊んでいました。
まぁ、忙しい中で騒がれるよりはマシと思って放っておいたのですが、、、
あまりにも静かなので様子を見に行くと、



こんな状態に
トイレットペーパーによるピサの斜塔?が出来上がっていました!(by Kai)
IMG_1442.jpg
いつの間にこんな事を思いついて出来るようになったのだろうか
・・・因みに、まだ戸棚の中に入り込んで 何かを捜索中。。。
次はどんな作品を作ってママを驚かせてくれるのかな?

別窓 | ・育児 / La cura dei bambini | COMMENT:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

やっぱりイタリア人?

最近Kaiが覚えた事は、人差し指を横に振って「NO~」と言う事。イタリア人の「ダメダメ」という仕草です。
これはいつもKaiが悪さをしてパパやノンナに言われていることを覚えたようです。
しかも言い方は「ノー!」じゃなくて「ノ~ォ」(ニョ~ォに近い)だから聞いていると面白い。
日本語で言うなら「だ~めっ」って感じでしょうか。
私→「これ食べて」とKaiに言うと、
Kai→「ノ~ォ」。
...意味を分かっているのかどうか?ですが、これをふんだんに使われても困りもの。。。

最近のKai、成長すればするほどワガママ度もアップ。
反抗する時の態度って、すさまじいものがある。1歳半でへたっていたら、この先どうなっちゃうのだろう???・・・男の子のママってほんと強くなりますね

相変わらず、公園に通う毎日。既に顔が公園焼けしております。
きゃーきゃー叫びながら走りまわり、隙があろうものならすぐに公園の外に脱出しようとする。少しは落ち着いて遊んでくれないものだろうか。。。

最近のお気に入りは、滑り台。特に、階段の上り下りが大好きで、私も目が離せない。
「ママ~!いくよ~」 ...ひぇ~(恐る恐る。。。)
IMG_1418.jpg 
今日は、いつも大人しくて(←Kaiと正反対)可愛いガイアちゃんの気をひいた様子。
彼女は生まれもKaiと数日違いで成長も同じ感じ。
公園では一緒に来るお爺ちゃんにしか懐いていなく、喋る言葉は「マンマ(ママ)」と「ノンノ(お爺ちゃん)」だそうな。
なのに、今日は「カーイ」って言って近づいてきた。...二人とも話すことはできないけど、子供は子供で何か通じるものがあるのかしら???
頑張れ~Kai!彼女の心を掴むのも もうちょっとヨ~


別窓 | ・育児 / La cura dei bambini | COMMENT:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

働くママさん

最近、公園で子供のママ友達、というか子供のお婆ちゃん&お爺ちゃん友達ができました。
ウイリーことウイリアム君(2歳半)のお婆ちゃん、ガイアちゃん(Kaiと同じ年)のお爺ちゃんにKaiはすっかり懐いています。
私達が公園に入るとウイリーは「チャオ、Kai!」って走って来てくれる。
でも、ずっと様子を見ていると、Kaiはウイリーと遊ぶよりもお婆ちゃんと遊ぶほうが好きみたい。
お二人とも自分達の孫と同じようにKaiを可愛がってくれて優しいんですよね。

最近暖かくなって、夕方の公園は子供達で満員状態。
だから私は遊具が空いている午前中に行くようにしています。
すると子供のママさんはあまり見かけられない。
生活の為に共働きが当たり前となっているミラノでは、みんな子供をお爺ちゃんやお婆ちゃん、もしくはベビーシッターさんに預け、ママは働きに出ているのです。

因みに、イタリアの幼稚園は3歳から無料で入れ、それ以下の年齢は保育園があります。
でも公立の保育園に入るためには人数制限があったり(家庭環境や共働きの家優先)、
費用も結構かかる(公立の場合は両親の収入による)ことから、公立、私立共に保育園に通っている子供は少なく、イタリア全体で11.4%、ミラノでは22%だそうです。

実は私も働きたい!希望者なのですが、、、。
でも、この不景気&就職難、失業率は日本の二倍なイタリアで働くことはカナリ難しい。そして私にはイタリア語というハンデがある。
大学を卒業してすぐに就職できる人も数少なく、数年は職なしが当たり前。これは今に始まったことではない。
仕事を得るためには履歴書を何十通も送りつけ、でも、それを見てもらえるかどうかも分からないそうな。会社の目に留まるためには履歴書に相当な自己主張、強いインパクトが必要らしい。例えば、容姿に優れているとか普通に書いちゃうらしい。
「つつましき日本」で育った私。典型的なイタリア人のようにはなりたくないけど、私も少しは強くならなきゃダメかな
そういえば、以前、夫と日本のドラマを観ていて、
新入社員の女性が「何もできない私ですがよろしくお願いします」って挨拶しているシーンをみて、夫はびっくりしていた。「こんな事をイタリアで言ったら先ず辞めさせられるよ」って。

これから私にどんな仕事ができるのか?模索中…というか悩んでいるだけ。
ま、何でも努力しなければ始まらない。目を見開いていこう。
別窓 | ・ミラノ生活 / La vita di Milano | COMMENT:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

リグーリアの空の下で~

先週、パスクワ(イースター)の連休にリグーリアに行ってきました。(今年は4月4日がパスクワでした。)
ここSavonaにある家では、昨年 定年を迎えた義母がミラノと約一ヶ月おきで過ごしています。
そして、いつもKaiが来ることを楽しみにしているのです。
そのノンナは私達が車で到着するなり一目散にKaiのところへ~

この休日のリグーリアは予想外にも肌寒く...
でも、空を見るとすっかり夏の空です!
家からちょっと山の方に上がると、更に空が近く、そして青々と感じる~いよいよ!という感じ。
IMG_1373.jpg 
ここから街と海が一望。 
 IMG_1385.jpg
なんだか この真っ青な空を見ると元気がわいてきます。
きっと、この空と太陽があのイタリア人の飛びぬけた明るさをつくっているのでしょうかね。。。

↓「どぅ?似合ってる? 日差しが強いからってノンナが買ってくれたよ。
 なんだか世間が違ってみえるなぁ。。。」
IMG_1393.jpg 
Kaiにとって初めてのサングラス。
…でも、すぐに自分で外してしまうので今は未だ不活躍デス


ところで「パスクワ」とは、
十字架にかけられて死んだキリストが三日後によみがえったことを記念する日。この日にはAgnello(子羊)やCapretto(子ヤギ)の料理を食べる習慣があります。
そして、パスクワのシンボルである卵型のチョコレートやコロンバという鳩の形をしたお菓子を食べるのです。
「コロンバ」。これはクリスマスに食べるパネトーネのパスクワ版といった感じ。
Untitled-1_20100412185454.jpg
因みに、「Colomba(コロンバ)」という単語は まさに「鳩」という意味。でも公園にわさわさといる一般的な鳩(Piccione)とは違って、それよりちょっと小柄な白い鳩のことです。

これらを食べる意味は、
は、真のキリストを誕生させたことを卵の殻を破って出てくる雛に喩え、
コロンバは、平和のシンボル。(因みに、コロンバがオリーブの枝を咥えているのが正に平和のシンボルで、この時期に教会のミサに行くとオリーブの枝が配られる。)
子羊はというと、その昔キリスト教の元をつくったユダヤ教では、神様への儀式として子羊を捧げていたそうです。その事からキリストは子羊の代わりとなって人々の為に自ら身を奉げた「神の子羊」と呼ばれ、このパスクワの日にキリストの復活を祝って子羊を食するそうです。。。 (子ヤギを食べることも。)

...と、説明を書きましたが...私達はそれよりも先ずは食欲!
この日の昼食は義母が作った ↓Capretto(子ヤギ)のグリル&ポテトを食べました~
骨付きでちょっとグロく見えますが、美味しい~
肉がしまっていて、それでいて柔らかい!子羊よりも臭みがな く !
nebbiolo (La morraのワイン)もこれに合って  !
IMG_1361.jpg
パスクワの休日は、食べて&昼寝して&散歩して~という、ほぼKaiと同じような生活リズムでの~んびりと過ごしてきました~
別窓 | ・未分類 / Eccetera | COMMENT:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Sotto il cielo di Milano☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。