Sotto il cielo di Milano☆

~ ミラノ の 空 の 下 で ~  伊パパ&私と息子のミラノ生活日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

最近、変わったカナ?

最近、友達に会うと「Kaiの顔が変わった」と言われるので、以前の写真と比べてみました。

2ヶ月半前の頃。(2 mesi e messo fa)  髪を切ったばかりの僕ちゃん。
Untitled-1_20100330232849.jpg 

   今、17ヶ月。 (Adesso: ha17 mesi.) 確かに雰囲気が変わったみたい。
   k_20100330232849.jpg
ただ今「いないいないばぁ」のDVDを大人しく視聴中。このまま様子を見ていると...
            
            
            
   だんだん調子がでてきました!
   k3.jpg
             
ぐるぐるどっか~ん」の曲が始まったとたん、TVに向かってバイバイ~
 やはり、これが大好き!
IMG_1344.jpg
                
     そろそろ眠くなってきたかな...?お昼寝の時間です。
        (髪を触りだしたら眠いサイン)
     k2.jpg 

 
子供の成長ってホント早いものですね。
特にこの数ヶ月はたくさん喋るようになり(意味不明だけど)、
「マンマ!」を連発して私を喜ばせたり(本当に私のことを呼んでいるのかは?)
「パパにこれあげて」と言えば持っていくし、少しは私達の言うことも分かるようになったのかな?
歯も奥歯が一気に3本生えかけ中。
でも、成長するにつれて「かんしゃく」を起こすことが増えてきて...
遊んではいけないものを取り上げたときは勿論、自分の思うようにできないと(例えば、容器のフタが上手く閉められないだけでも)全身で激怒!物を床に投げつけわめきだす。
まるでゴジラ
特に、夕方から夜寝るまでにかけては気性が激しい。
こんな短気な性格だったらどうしよう...と不安にもなりますが、、、 そういうお年頃なのでしょうか???
この時期は、自分で何でもやりたい意識が強くなってきて、それが自分の中で処理できないのかな。
どうかこの気性、今の時期だけであって欲しいと願うばかりです。。。


そうそう、一昨日の日記に書いた御木幽石の「額」。
実はもう一つあって、それはKaiの部屋に飾ろうと思っています。

「一期一会」「唯一無二」

 いまこの時は 一度きり

 あなたは世界に ひとりきり

 大事な 大事な ひとりきり

 もっと もっと 大切にね

 あしたも きっと しあわせ ひとつ。

                  (御木幽石)

Kaiがこの意味を理解できるようになるのは 一体いつのことやら~


スポンサーサイト
別窓 | ・育児 / La cura dei bambini | COMMENT:3 | トラックバック:0
∧top | under∨

春ですね~「Ben tornata la primavera!」

一昨日の日曜日からイタリアは夏時間になり、ようやく春です! (こちらは日本時間-7時間)
先週、暖かい日が続き一気に花も咲き始めました。

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会「Santa Maria delle Grazie」(←そう、あの「最後の晩餐」のある)
の中庭にあるMagnolia(タイサンボク)。
今年は冬が長かったせいで昨年よりも2週間ほど遅咲きでしたが、ただ今満開です!
このひっそりとした中庭に入るとMagnoliaの花の香りでいっぱい~とても良い気分になります。
m.jpg
実は、この花を見に来るのも今回で三回目。
友達に初めてココに連れてきてもらってから、毎年その友達と来ているのです。
初回来たときは、ちょうど私の妊娠報告をし、つわりの中でなんとかココにやってきて、、、でもこの花と香りに触れてホッと気持ちが安らいだことを覚えています。
二度目はKaiが4ヶ月半の頃。 その頃のKaiは大人しかったなぁ。。。
今や1歳5ヶ月、べビーカーから下ろすなりキャーキャーはしゃいで迷惑もの。。。
↓何とか落ち着かせて写真。
Untitled-2_20100330191309.jpg 

春...でも、あいにく昨日今日とミラノは曇り天気。今は雨です...。
ミラノの春の空は秋よりも変わりやすいなぁ・・・

別窓 | ・ミラノ生活 / La vita di Milano | COMMENT:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

すべてに感謝。

新居が出来上がったら飾ろうと思って日本で買ってきた「額」をようやく家に飾ってみました。
未だに新居は居間の家具など足りないものがありますが、徐々に揃いつつあります。
旦那も私も部屋に日本を表したかったので、この額を飾ってピッタリ!
「御木幽石」の「福額」です。これで沢山のが訪れますように~

そして、この可愛いお地蔵さんの絵と共に書いてある言葉。


「すべてに感謝。」

悲しい 苦しい さびしい

それがちゃんとわかっているから その後にやってくる

うれしい 楽しい それをちゃんと倖せに感じられる。

人生に無駄なんてないよ。


                         (御木幽石)

良い言葉。心がちょっと病んだ時にこれを読むと元気づけられます。


それから、
3年前、私がミラノに住むことになったときに仕事でとてもお世話になった人から送られた言葉、
いつも笑顔を忘れずに。
時々、この一言を思い出します。


すべてに感謝。
自分の嬉しい、楽しい、幸せを感じつつ
人にも嬉しい、楽しい、幸せを与えられるような人間になれたらいいな。。。

別窓 | ・ミラノ生活 / La vita di Milano | COMMENT:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

プンタレッレ(Puntarelle)

今年のミラノは長い冬...
例年ならばもう沢山の花が咲き、すっかり春らしくなっているのに…今年はポカポカお天気の日が少ない。
でも、確実に気温は暖かくなっております。

ここで「春の食材」と書きたいところですが、、、
Puntarelle(プンタレッレ)、ローマ地域のの季節野菜です。
p.jpg 

冬(2月頃まで)にしか見られない野菜ですが、今年は冬が長かったせいか?3月になってもスーパーで並んでいたので買ってみました。
一見、葉っぱは「水菜」、茎の部分は「アスパラガス」のように見え、なんだか面白い野菜です。
名前自体「プンタ」=先端、尖ったという意味。切ってみると中は空洞~
味の方はチコリーに似ていて苦味があり、セロリのようなシャキシャキ感、主に茎の部分を食べますが、葉っぱ部分は水菜のような味です。
これをローマ風にサラダにして食べてみました~

●プンタレッレのサラダ(insalata di puntarelle)
[材料2人分]
プンタレッレ、アンチョビ(4枚)、ニンニク(1/2かけ)、 オリーブオイル/ワインビネガー(それぞれ適量)、塩/こしょう(少々)
1.茎を縦に裂くように細く切り、冷水につけておく。
2.アンチョビ、にんにく をみじん切りにし、オリーブオイル、ワインビネガー、塩、こしょうを混ぜてソースを作る。
3.水をきったプンタレッレとソースを和えて出来上がり! 
  IMG_1302_20100325053512.jpg

私も初めて食べてみましたが、プンタレッレシャキシャキ感と苦味
ソース酸味アンチョビほろ苦さニンニクの香りが絶妙に合って美味しい!
ちょっと苦味のある大人な?サラダが好きな方にはお勧めです!食欲をそそります。
( でもこの苦味、お子ちゃまは苦手かも。) 

「プンタレッレ」を見かけたら一度お試しあれ~...コレ、日本でもどこかにあるのかな???


別窓 | ・イタリア料理 / Cucina Italiana | COMMENT:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

好きなこと、嫌いなこと

 ●Kaiの好きなこと 
公園でも家の中でも走れ走れ~... 何をそんなに急いでいるの
IMG_1272.jpg

↓曲が流れる「歌の絵本」
歌の項目を押すと「ぞうさん」や「はとぽっぽ」が流れ、Kaiは手で押しまくり。
                        ...たまにはママに最後まで曲を聞かせてちょうだい~
1_20100321190259.jpg

↓型にはめるパズル。
やり方を何度も教え、なんとか正しいところ(付近)に置けるようになってきました。
てんとう虫(Coccinella)、 ミツバチ(Ape)、イモムシ(Bruco)、蝶(Farfalla)...と、私は日本語、
パパやノンナはイタリア語で教え、Kaiもさぞ混乱していることでしょう。。。
「イモムシさんはどこ?」               みてみて!できたよ~  (オシイ!
3_20100321190259.jpg 2_20100321190259.jpg

●嫌いなこと
・歯磨き 
いつになったら嫌がらずに口を開けて磨かせてくれるのだろうか
でも、何故か歯を強化するためのフッ素液は好き。「あーん」と言うと口を開けて垂らすたらすのを待っている。。。その勢いで磨こうと思いきや、、、すぐに貝になっちゃう。

・家のインターフォンの音。
イタリアのインターフォンの音はとにかくデカイ
Kaiがこの近くにいて「ー!」となると、驚いて大泣きしながら私の方に走ってくる。
この泣きながら向かってくる姿がなんともカワイイと思ってしまうのですが、かわいそうに...
この音は変えられないので慣れるしかない。
新居になったけど、結局アパート自体が古いからインターフォンも古いタイプを設置。
私もこの音には未だに慣れなくてビクッとすることが多々。まぁ、、、いつかは慣れるでしょう~きっと。

別窓 | ・育児 / La cura dei bambini | COMMENT:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

定期検診(生後15~18ヶ月) 「Controllo clinico tra i 15 e 18 mesi」

先週、15~18ヶ月目に受けるKaiの定期健診に行って来ました。
(次回の検診は24~36ヶ月の間に受け、最終は5~6歳で終了です。)
今回の結果は、
身長77.5cm、体重9.65キロ。(生後16ヶ月現在)
半年前の検診から比べると、身長7.5cm、体重1キロ増です。
「体重の増加が少なめ」と言われたけど、まぁこんなものでしょう。
因みに、イタリアの育児本によると16ヶ月の平均身長は81cm、体重は10.5キロ。
Kaiは生まれたときから平均よりも身長体重共に少なめ。
でも、成長グラフで見るとちゃんと増えているので大丈夫でしょう~これからどんどん大きくなってくれるといいです。

身体検査の後、いつものように食事の指導がありました。
・先ず、もう粉ミルクは卒業。
普通の牛乳を与える。(最初は牛乳に1/3の水を足し、一週間ごとに10mlずつ水を減らしていく。)
おやつを含めて一日500ml相当の牛乳をとるようにとのこと。

大人と同じ食事でよい。
しかし、ラードと生肉はNG。(...言われるまでもないでしょう。)
あと、特に言われませんでしたが刺激物もNGだと思うのです。
でも、先日ノンナは唐辛子入りの辛いパスタをKaiに「辛いのは体に良いのよ」と言って与えようとした時には私もヒヤヒヤ

...大人と同じ食事と言われても(コレ義母からも言われる)、まだKaiは前歯しかないのに食べられるのだろうか
また、特にイタリア料理は、私にとってしょっぱいと感じることが多く(夫や義母にとっては普通)塩分が気になる。。。幼児期に味覚が決まるって言うし、塩分を取りすぎて高血圧になるのも心配。(因みにパパは高血圧)...私、気にし過ぎでしょうか???
日本の育児本も読んだ結果、未だKaiの分は取り分けなども考えながら別に作ろうと思う。

今回貰ったレシピ。
○朝食・・・牛乳(250cc)+ビスコットorパン。又は、フルーツのミルクシェーク

○昼食・・・パスタやお米(40g)/肉(40g)or魚(60~70g)/野菜 /フルーツ(50~100g)

○おやつ・・・朝食と同じ。又は、フルーツ入りヨーグルト。

○夕食・・・野菜や豆のミネストローネ+パスタ又はお米/ チーズ(30g)orプロシュットor牛のレバー/フルーツ(50~100g) 

昼夜を含めて、週に肉は4回、魚→3回、豆→3回、卵→1~2回を与える。

こんなに食べるんですね。。。グラムだけで見るとあまり感じませんが、実際に作ってみると結構な量になります。特に肉40g、魚60~70gは、日本の育児本に書かれている量の2倍!

お昼はいつも日本食。
今日は「肉団子の野菜あんかけ」
... 未だ一人で掬えない。でも肉団子をフォークに刺してあげれば食べるのも簡単!
IMG_1257.jpg
この日は何とか食べてくれましたが、今や好き嫌いがでてきて食べさせるのも一苦労。
以前は何でも好んで食べていたので、こうなるとは思ってもいませんでした。
私にとってこの食事を与えるときが一番ナーバスに...。
せっかく作ってもKaiに「ぷいっ」と顔をそらされた時にはガッカリです。
お腹が空いていないのかと思いきや、私達の食べているものや好物のビスケット、パンばかりを欲しがる。(食事中はホント忙しい)
白いご飯や味のないものはいつの間にか食べなくなったので、常に混ぜ混ぜ系ばかり食べさせていたせいか、単品の卵焼きや野菜の煮付け、これらは見ただけでNG。口に入れさせません。何かに混ぜればOK。
そもそも、イタリアの離乳食は一皿料理で全てまぜまぜ。
気付いたときには単品料理がダメ。食べず嫌いが出来上がっていました。
食べたことのないものを見た目で試そうとしないのは、かなりの慎重派?それともワガママ?
果物は、バナナと洋梨が好きなのでよく与えていたら、他の苺やオレンジを与えると不思議なものと思い込み?顔をそむけるようになってしまいました。
今、これらを解消しようとあれこれ試行中。
先ず、苺は小さくカットしてシロップ漬けにすればOK。(...これパパと同じ
オレンジは、小さく砕いてみたり、ジュースにしてみたけど、結局、果肉ゼリーにしたら喜んで食べました。(...柑橘系が苦手でオレンジを生で食べないのはパパと同じ。因みに、オレンジジュースは砂糖を入れて飲むのが普通らしい)
小さくカットした生のオレンジは口に入れず「果肉ゼリー」は口に入れたという根拠は何?匂いや目で砂糖が入っているのが分かるの
ママは未だ子供の気持ちがわかりません...(ひょっとしたらパパは分かったりして...)
Kai、早く喋れるようになって教えてね~


言葉の発達の方は少々遅れ気味なようです。
私は日本語で喋り、他の人はイタリア語なので混乱もすることでしょう。。。
「マンマ」(イタリア語=ママ)と言って一瞬私を喜ばせることもあるけど、どうやらこれは「食べる方のまんま」のようです。
少し喋ることは、「いないいない、はぁ~」(いないいないばぁと言っているつもり)...これは「いないいないばぁ」というNHKのDVDを毎日見せているせい。
それから、散歩していて犬がいると「わんわん」...(私の言葉につられて)
これからどんな言葉を喋るようになるのでしょう~?イタリア語?日本語?


その他、小児科の先生から1歳半~2歳の間でVasino (おまる)を用意し、
トイレトレーニングを始めるようにと言われました。
思っていたよりも早くでも、これは喋って自分の意志が伝えられるようになってからかなぁと...。
これから色んなことが待っており、まぁ気長にやっていこうと思います~


別窓 | ・育児 / La cura dei bambini | COMMENT:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Sotto il cielo di Milano☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。