Sotto il cielo di Milano☆

~ ミラノ の 空 の 下 で ~  伊パパ&私と息子のミラノ生活日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

リグーリア産の。。。。

この前、義母がリグーリアから帰ってきてをくれました。
何だと思いますか? (この部分の長さは30cmくらい。)
私も「何」って彼女に聞いちゃいました。
P1000688.jpg
    
    
    
リグーリアで取れたカボチャ(の一部)です。
義母の友達の畑で取れたものらしい。
今年の夏、リグーリアに行って見かけた巨大ものはコレだったんですね~

今日の夕食は、これでスープを作ることにしました。
ある程度準備してみた段階でのお味は、こちらでよく見かける皮がオレンジ色のカボチャとほぼ同じ。
日本のカボチャのようにホクホク感や甘みが少ないからスープにするのが一番いいみたい。
因みに、この種の(こういう色の皮の)カボチャで天ぷらや煮物を作ると美味しくないんですよね…。

最近、夕食の仕度中でさえもKaiに手を引かれて遊びの場に連れて行かれちゃうので、面倒な事は なるべく彼のお昼寝中に済ませるようにしています。
そうこうしていると、あっという間に夕方。やりたいことは たくさん思い浮かぶけど、結局...。

今日の夕食準備は、ほぼ完了~
さて、Kaiは、私達と同じ食事を口にするかな???...(可能性は低い。そんな時は別に作るのも面倒なんですよね。。。)
スポンサーサイト
別窓 | ・イタリア料理 / Cucina Italiana | COMMENT:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

プンタレッレ(Puntarelle)

今年のミラノは長い冬...
例年ならばもう沢山の花が咲き、すっかり春らしくなっているのに…今年はポカポカお天気の日が少ない。
でも、確実に気温は暖かくなっております。

ここで「春の食材」と書きたいところですが、、、
Puntarelle(プンタレッレ)、ローマ地域のの季節野菜です。
p.jpg 

冬(2月頃まで)にしか見られない野菜ですが、今年は冬が長かったせいか?3月になってもスーパーで並んでいたので買ってみました。
一見、葉っぱは「水菜」、茎の部分は「アスパラガス」のように見え、なんだか面白い野菜です。
名前自体「プンタ」=先端、尖ったという意味。切ってみると中は空洞~
味の方はチコリーに似ていて苦味があり、セロリのようなシャキシャキ感、主に茎の部分を食べますが、葉っぱ部分は水菜のような味です。
これをローマ風にサラダにして食べてみました~

●プンタレッレのサラダ(insalata di puntarelle)
[材料2人分]
プンタレッレ、アンチョビ(4枚)、ニンニク(1/2かけ)、 オリーブオイル/ワインビネガー(それぞれ適量)、塩/こしょう(少々)
1.茎を縦に裂くように細く切り、冷水につけておく。
2.アンチョビ、にんにく をみじん切りにし、オリーブオイル、ワインビネガー、塩、こしょうを混ぜてソースを作る。
3.水をきったプンタレッレとソースを和えて出来上がり! 
  IMG_1302_20100325053512.jpg

私も初めて食べてみましたが、プンタレッレシャキシャキ感と苦味
ソース酸味アンチョビほろ苦さニンニクの香りが絶妙に合って美味しい!
ちょっと苦味のある大人な?サラダが好きな方にはお勧めです!食欲をそそります。
( でもこの苦味、お子ちゃまは苦手かも。) 

「プンタレッレ」を見かけたら一度お試しあれ~...コレ、日本でもどこかにあるのかな???


別窓 | ・イタリア料理 / Cucina Italiana | COMMENT:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

春のパスタ 「Pasta primavera」

日本に住んでいた頃、殆ど家でパスタを作る事がなかった私。一人暮らしだったし、家で食べるとしたらできあいのパスタソースを買って食べるくらいだったかな。。。

でも、夫と付き合うようになって、彼が初めて日本に遊びに来たときから家でカルボナーラやトマトソースを作ってくれたり、、、彼が作っているのを見て、パスタって簡単に出来る料理なんだ...と学びました。
例えば、トマトベースでも簡単な食材でいろんなバリエーションができる。
魚(ツナやかじき)を入れたり、ベーコンとオリーブ、鷹のつめを入れて「アラビアータ」にしたり、ひき肉と煮込んで「ラグー」にしたり、アスパラガスやパプリカなどの野菜と合わせればヘルシーにもなる。
トマトソースだけでももちろん美味しいし、究極なシンプル(質素?)なパスタといえば、バターだけの味付けでパルミジャーノをかけて食べる「パスタビアンコ」(白パスタ)というのもあります。・・・但し、これはふつう体調の悪いときに食べるものだそうです。

我家の夕食は~特に案がない(冷蔵庫に何もない)時はパスタに決定!
そしてパスタの料理担当は、夫です。。。勿論、私も作ることはありますが、彼の方が上手いし、自分で好きなように作るので、ほぼ任せています。...(←言い訳

ちょうど春になって、今はアスパラガスやズッキーニなど、旬の野菜を使ったパスタが美味しいですね~
そこで、我家は昨日「ズッキーニのパスタ」を作りました。
ちょうどメルカートでリグーリア産のズッキーニとズッキーニの花を見つけ、購入。
↓この細長いズッキーニはTrombetteという名前で「らっぱ」という意味。普通のものよりも甘みがあって美味しいのです。今回のは小さめですが、リグーリアではもっと長いのが売られています。
4.6


春のパスタ 「Pasta primavera」…の続きを読む
別窓 | ・イタリア料理 / Cucina Italiana | COMMENT:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Sotto il cielo di Milano☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。